FC2ブログ

土地開発コンサルティングビジネスマンのブログ

土地開発店舗開発をサポートするビジネスマンのブログです。 このブログでは店舗開発業務に関するテーマを中心にしています。

交渉の難しさ

たまにある話ですが、あるテナントが出店したいとの意向をある物件に示したとしましょう。

しかし出店希望の条件は、オーナーの希望よりかなり安い金額だったため、オーナーに確認したらやはり「その金額ではとてもじゃないけれど貸せないので、お話を進めるのは無理です。」と回答があり断ったところ、しばらくして、オーナーから「前に家賃は安けれど出店しても良いよと言ってくれてたテナントに、家賃を下げてもいいからもう一度打診してもらえるか?」と聞いてくることがあります。

この申し出に対して、よほどテナントが物件を気にいってない限り出店の意向を見せないことが多いようです。
いわゆる「ケチが付いた物件」となるからです。
テナントにもプライドがあるので、一旦断っておいて客が付かないから話をまた戻してくるのは何事かと気分を害しているんだと思います。店舗は特に演技を担ぎますからね。

ここで考えるのは、1回目の断りの言い方です。
「家賃が安いから貸せない」と断らず、「しばらく検討時間を頂けますか?」と回答しておいた方が良いかもしれません。検討時間がどれぐらいかは状況次第で違ってきますが、少なくとも申し込みは受け付けて、しばらく会社にて家賃が適正なのかどうか判断する時間をくださいと、回答する方が後々気分を害することなく話が継続できるから良いような気がします。

業者間でも、「そんな値段ではあかん」と話をぶった切るのではなく、検討する時間をもらうぐらいの融通を利かせてほしいものです。いつ何時話が戻ってくるか解らない以上、申込者に気持ち良く待っててもらう気配りは必要ですね。

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rebornestate.blog91.fc2.com/tb.php/345-04f63f6e