スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一つの無駄から広がる営業

テナントに対して、あまり期待せず物件を送付した後、担当の方から連絡がきて、予想通り検討不可の返事をいただくことがあります。ここで、気の利いた担当の方は、どのエリアで探してるかを具体的に話してくれて、以後大変物件送付がし易くなることがあります。実際にこのパターンで成約に結び付いたこともあります。
物件送付の場合、テナントニーズを事前に聞いている時と全く何も判らず送る時があります。ある意味テナントの反応を確かめてみるという感じで送ることもあるのです。特にほとんど馴染みのないテナントへは、こういう物件の出し方をすることがあります。

テナントのニーズはホームページで見るような物件募集概要では、本音はわからないものです。規模や建物概要は判っても、ホントに出店できるエリアというのは読み取れません。やはり直接話を聞かないと具体的なエリアは判りません。コンビニみたいに出店数が多く、既存店との距離がさほど離れていなくても出店可能な店舗は、出店エリアよりも物件の規模や見え掛かり、たばこの販売権利、周辺コンビニとの競合、位置関係などが肝心です。

テナント情報を少しでも詳しく知っておく、特に出店エリアについて知っておくことは営業が凄くしやすくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。