スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事上での貸し借り

仕事上、誰かに特別な計らいを受け借りを作ったなと感じることはよくある話です。
ただこれは人間関係を悪くする可能性もあることに注意しておかなくてはいけません。
と言うのも、恩恵や計らいを受けた側が借りを作ったと自ら認識していれば良いのですが、貸しを作った側が一方的に恩を売ったような意識を持っていると後々トラブルになりかねません。

両者がお互いに特別お世話になった、特別に取り計らったと納得していればいいのですが、人間というものは都合の良いことは立場によって覚えてたり忘れてたりするものです。
「あの会社に今回は特別に仕事を回してあげたから、いつかこのお返しはしてもらわないといけないな。」と貸を作った側が感じるなら、借りを作った側と書面で今回の貸をいついつまでに返してもらうぐらいの覚書を交わしておいた方が良いでしょう。期限を決めておくことが肝心で、期限がなければ意味はありません。要は、「こちらとしては今回特別に取り計らいをしたのだから、このお返しは忘れずに決った期限までにしてくださいね。」と書面にしておくことによって、将来、「そんな話したかな?」とか「そんなこと記憶にないけど?」と言い逃れをさせないための証拠になります。
「そんなことわざわざ紙に書かなくても忘れないよ。」と言う人に限って惚けます。
「今回の取り計らいには必ずお返しをするので書面で取り決めしておきましょう。」と言う方が信頼はできますよね。

先般ある同業者の方と話してる時に、「知り合いの業者が仕事がないと言うから、わざわざ仕事の一部を回して少しでも助けてあげようと貸を作っておいた。」と言うので、「こちらが貸を作ったと思っても向こうがどう思うかだと思いますよ。なあなあの性格の方なら、ラッキー程度にしか思わないでしょうし、律儀な人なら何とか借りを返そうと頑張るでしょうしね。いずれにしてもお二人の意識のレベルを合わせておいた方が良いですよ。できれば書面で取り交わしをしておいた方がお互いに将来人間関係にしこりを残さなくて良いと思いますけど。」と意見を言っておきました。
「そう言われればそうかもしれんな。今度紳士協定を結んでおくわ。」と何らかの取り決めをしておくことに決めたようでした。

人間、自分の与えた都合の良いことは忘れませんが、受けた恩は忘れがちです。友人関係なら損得勘定はありませんが、仕事では損得の上に人間関係が成り立っていると考えておかなければいけなせん。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。