スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約に向けて交渉する際のいくつかの留意点

契約に向けてオーナーとテナントが面談交渉する時、オーナーにとっては、交渉中のテナントで大丈夫なのかどうか、不安があるわけですから、不安要素や疑義に対して納得いく説明をしてあげなくてはいけません。金銭面以外に例えば、飲食店なら煙や匂いの問題や深夜営業の問題です。近隣からのクレームに対してはテナントの負担と責任において解決し、オーナーには一切迷惑は掛けない旨はっきりと意思表示することが肝心です。
また、排気排煙による近隣クレームがないよう事前に計画を作製しておかなくてはいけません。物販店舗では、駐車馬の排気や照明の問題、出入り口の安全確保の手法など、オーナーが安心して賃貸できるオペレーションを検討し説明しておくのが良いでしょう。
ただ、そういった問題を交渉中にクローズアップさせるのは上手い交渉ではありません。店舗の運営管理には絶対の自信を持ち、オーナーには何ら煩わしさをもたらさないことだけを、明確に回答すれば良いだけです。あまりに課題をクローズアップさせると、そのことに心配になったりしてマイナスイメージを抱かれかねません。
不安要素は先に伝えておいた方が良いと変な考えを持つ方もいますが、不安な部分はあくまでテナントで自己解決すれば良いだけであって、オーナーにはあまり関係ない話ですから、先に不安要素に焦点をおいた話をするなら、オーナーの不安感が余計増大し、敬遠されることさえありますからね。
先般も不安要素先行でテナント側が話をするので、生真面目なのか交渉下手なのか紙一重だなと思ってた次第です。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。