スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルダー探しの物件

売買用の土地があり、その土地に店舗を誘致してきて利回り可能物件に仕上げる企画開発の仕方があります。
例えば、ある1000坪の土地が坪35万円、総額3億5000万円で売りに出てたとします。
その土地は商業立地として良いので、出店してくれるテナントを探していたところ、坪3000円、地代月額300万円で賃借希望のテナントが見つかったとします。
借地代年額3600万円の購入代金に対する利回りは10.2%ほどになります。当然、購入価格には取得税や登録免許税、仲介料、金利など含めて考えないといけませんが、その物件を事業用地として採算的に買えるか買えないかの判断をするには、この程度で大方判断が付きます。

こういうテナントの出店が可能な売り土地の買主を探すよう、依頼されることがたまにあります。
事業用借地契約で年利回り10%で回したとしたら、金利を考えなければ10年で投下した金額は元が取れることになります。 少なくとも取得費用と固定資産税など保有費用は必ず掛かりますが、事業用借地で20年ほど上記条件で借りてもらったら、元は取れるってことです。

年間賃料÷購入金額×100≧10%なら事業化を考えているホルダーが多いようです。
こういう物件は土地代が高くて地代とのバランスが合わないものがほとんどです。でも商業向きの土地であれば、施設のボリュームやテナントの構成次第で、何とか利回り物件になることもあります。

実際、こういうテナント付け希望の利回り物件というのは、賃貸で出回っていないのでたまに魅力的な物件があるものです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。