スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損失の少ない撤退

営業中のテナントが撤退する場合、内外装・備品設備を原状復旧するには相当な撤退費用が必要となります。
当初借りた状態に建物を戻すだけなので、一気にばらせば良いじゃないかと思われがちですが、撤去材は産業廃棄物として種別に分けて撤去回収しなければいけません。一気にまとめてゴミとしてというわけにはいかないので、費用が掛かってしまうわけです。
今から撤退する店舗にお金を掛けるのは最大のもったいなさですから、できるだけ原状復旧費用の要らない撤退計画を考えて、お店をそのまま後継テナントに引き継ぐことが最近多いのです。

よって最近、内装設備がそのまま残った居抜店舗が人気です。新しく店舗を営業するのにお店が大方出来上がった状態で改装工事ができるため、イニシャルコストが大幅に縮小できるのです。場合によっては、前の店舗そのまま使用なんていう完ぺきに設備の残ったものまであります。

イニシャルコストが掛からないということは、お店の損益分岐点が下がってくるので営業していて儲かるお店ができるということになります。
例えば、内装工事に2000万円掛けて出店するのと、300万円掛けて出店するのでは、5年間の営業で考えると、月28万円ほどお店の負担が軽くなって来るということです。
月28万円という数字は、客単価を200円下げたとして、月間1400人のお客さんに対応できる計算のなりますから、よりお得なメニュー作りができるということになります。

それと、契約の途中解約は違約金が大きくなるものが多いので、自社が撤退する代わりに別の後継テナントを見つけてきて、違約金の支払いを免除しようという場合もあります。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。