スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家賃の設定

居抜店舗を新たに条件設定して募集する際、それまでの家賃をスライドして設定することが多いのですが、関西エリアについてはまずそのままの賃料で決まることは少ないと思います。
関東のテナント企業は提示した条件での検討が基準ですが、関西の場合、いくらか値下げして交渉するのが当たり前ですから、提示条件のまま決まることは少ないのです。
私は提示条件が高いか安いかより、テナントが売上予測からいくら家賃負担が可能かが大事だと考えるので、まずは提示条件より家賃負担がいくら可能かを出していただくことを優先しています。
立地が良いから無理して家賃を負担しても、店利益が出ないのでは困りますし、長く営業を続けていただくためには適性に判断した家賃で契約していただきたいと思います。
「よくあんな高い家賃を出したものだ」と思うテナントが、早期に撤退するのを見掛けます。早期撤退になればテナントの損失は店舗の内装費を含め保証金の没収も高額になります。
高い家賃を出していただき契約がスムーズにいくのは有り難いことですが、売上が伸びなかったり、経費負担に苦慮されるテナントを見るのは心苦しいものです。
逆に、やけに家賃を叩いて借りようとするテナントにも良い印象はないですけどね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。