スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イメージの良い悪い業種

テナントの業種には一般的にイメージが良いものと悪いものがあります。
これはオーナーによって評価も違ってくるのですが、よくリーシングでオーナーの業種制限で引っ掛かるのが、居酒屋、焼肉、焼き鳥、アダルト、試写室、パチンコ・ゲーセン等風営関連、葬祭業種です。
どんなテナントに賃貸しているかを気にされるオーナーもいれば、全く業種を気にしないオーナーもいます。建物の構造や周辺の環境にもよりますが、必ずしも飲食店を営業することが周辺に影響を及ぼすことはないと思えるような店舗でも、飲食店は建物を汚し周りに煙や臭いで迷惑を掛けると言う固定概念で、拒絶業種にされていることが少なくありません。
また、アダルトDVDや書籍の販売なども、販売商品が気に入らないと言うことで、拒否されるオーナーがほとんどです。ところが販売商品はほとんどがアダルト関係ですが、お店造りや雰囲気は決して陰湿な感じではなく、明るい清潔なお店造りをしているテナントが多いので、そんなに気にするほどのことはないとは思うものの、年配のオーナーとかにはどうもウケが悪いようです。それとこの業種の一部テナントの店舗の造り方がイメージを損なっていることも事実です。
試写室については、私自身もあまり業種として歓迎はしません。先般火災事故があったように、どうしても防災面で心配なところがありますし、夜な夜な人の出入りの多い業種と言うのは風紀上推薦しかねます。
ゲーセン、パチンコは法律的にも厳しい出店制約がありますから、運営するテナントもきちんとした企業がほとんどです。そういう意味では、賃貸するテナントとしては良いと思うのですが、どうしても近隣とのトラブルになったりすることもあるので、オーナーがそれを嫌がり、制限を加えるということも少なくありません。
いくら良いイメージのテナントであっても、運営自体はルーズであったり、近隣とトラブルを起こすこともあります。また、会社自体の財務内容が悪かったり、営業が不振であったりもします。
業種業態だけでテナントの取捨選択するよりも、企業としてどれだけ誠実で営業を堅実に行っているのかを見ていただくようにしてほしいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。