スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景観条例

行政によって建物や看板の景観条例がいろいろと制定されています。
文化財や古い街並みの保護を必要とする街や自然の景観や国立・国定公園エリアにはより制約が掛けられています。
ロードサイドエリアでも、あまりに無秩序な看板が乱立されてしまい、行政がその規制に踏み込んでいるところもたくさんあります。
いずれにしても、好みやデザインは個人の自由と言うだけでは、世の中全て自分勝手に事をなせないということになります。

そういえば、漫画家の楳図かずおさんの自宅の景観訴訟について判決が出ていました。
裁判所は、楳図さんの家のデザインや色は、近隣の景観を損ねるものではないと判断しました。
私も写真を見る限り何等問題のない建物だと思います。確かにデザイン的にはちょっと変わっているかもしれませんが、それが誰かに不快感や精神的な支障をきたすほどのものは無いと思います。
それよりも、楳図さん宅を見学に来る、来訪者の車の問題や、写真撮影の問題ななどの方がよっぽど大きな問題になり得ると思います。ただ、その問題と家の景観の是非の問題は関係がなく、逆に楳図さんに居を構えさせないと言う制約の方が問題が大きいと思うのです。

スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。