スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

与信調査

テナント物件を扱い際には、テナント企業のみならず、オーナー企業の与信調査が必要な時代になりました。
テナントに万が一があった場合は、しばらく家賃が入ってこなくなりますし、敷金や保証金も結局は返還せざるを得ない事態になることがほとんどです。最終的に、未払い家賃の精算がされたとしても、しばらく家賃の支払は止まると考えておいた方が良いかと思います。また、
逆に、オーナーに万が一があった場合は、テナントは営業を継続できるとしても、近い将来賃借不動産が競売に掛かり、他の所有者に権利が移転して、後はそのまま営業を継続できるかどうか不明です。一応、賃借権は保護されるとしても、新規権利者はどう動いてくるかは解りません。また、敷金、保証金として預託している金銭も返還されるかどうか解りません。営業の権利を失い、預託金も返ってこない場合も十分考えられるわけです。資金的に困窮しているオーナーは、預かった敷金保証金は別の資金に転用していることがほとんどです。返還を依頼しても資金不足で返すに返せないとなってしまいます。
いずれにしても、貸主借主に万が一があった時は、双方何がしかの損害の他、時間のロスや手間が掛かります。特に、リーシングを担当して、契約間もない内に万が一の事態になってしまった場合、リーシング業者も貸主や借主から小言の1つも言われることでしょう。場合によっては、将来取引をしてくれなくなる可能性だってあるわけです。
簡単でも構わないので、与信調査や取引企業のデータぐらいは取ってみて自分なりにどういった会社なのか観察してみることも良い勉強だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。