スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水道光熱費の節約

水道光熱費の負担の仕方は物件毎のさまざまです。
基本的に専用区画内の水道光熱費はテナント負担ですが、中には家賃に込みで契約することもあります。私はほとんど水道光熱費込みの契約をしたことはありませんが、込み契約の場合に発生しがちな問題があります。
それは、テナントによって極端に水道や電気、ガス代がオーナーの想定するより高額になってしまうような場合です。
電気負荷の大きい機器を導入して電気代が高くなったり、水を大量に使用するため水道代が高くなったリ、空調などでガスの消費が増えたりなど、業種業態によって、また設備内容によって水道光熱費の価格が大きく変わってくることがあるので気をつけなくてはいけません。
特に、営業時間の長いテナントの場合は、相当水道光熱費が上がる可能性があるので、契約前に十分協議しておかなくてはいけません。また、水道光熱費がオーナー負担になってしまうと、店舗の経費に使用料が発生しませんので、どうしても節約の気持ちが薄れてきます。本来、経費節約の為管理されるべき水道光熱費がノーマークになるわけですから、無駄な浪費も増えてきます。
水道光熱費がオーナー負担であっても、毎月の使用料管理は行って、節約をお願いすることも大事なことなのです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。