スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家賃交渉

以前は、賃貸借契約書に3年毎に家賃を改定する規定が記載してあって、3年経過時点で値上げ交渉をすることがよくあったようですが、今ではほとんど値上げすることはありません。逆に、値下げ交渉をしなければいけない場面の方が多くなったのではないでしょうか?
家賃を上げる基準としては、固定資産税がアップしたとか、土地建物の所有に関する経費がアップしたとか、テナントの要望で建物を一部改装したり増築したとか言う場合に考えられます。(近隣相場を照らし合わせてと言うのは、個人的には値上げの要因には考え難いと思っています。)
家賃を上げるには単に時の経過だけでなく、所有経費が上がったと言う条件が必要となるわけです。
固定資産税が上がってもそんなに急激には上がりませんし、管理費も高騰することはほとんどありません。特に管理費は店舗として賃貸している場合、テナントが自己管理しますから費用は発生しません。
賃料を改定すると言うことは上げることもあれば下げることもあると解釈しなければいけません。
オーナーは下げることはほとんど考えていませんし、テナントは上げることを嫌がります。
その狭間に立つのが家賃交渉を任された者で、両方の言い分や理由を聞きながら、どこかで落としどころを考えないといけないのです。お互いの言い分の中間地点を決着点に、他の事例や客観的な判断をもって両者に納得してもらわなくてはいけない辛い仕事なのです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。