スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土地所有者により変わる事業化期間

土地の所有権などにより、事業化のスピードが大きく違ってくることがあります。

例えば、親子兄弟で共有しているような土地の利用については、全ての権利者の同意が必要となります。1人でも反対者がいると事業化できません。また、相続のための財産分与の配分で権利者間の折り合いが付かなければ、これもまた協議が整うまで時間が掛かることになります。

また、別の事例では、土地に相続税に関する担保が設定されていたり、固定資産税など税金の延滞などがあると、土地利用に関して行政から開発許可が出ないこともあります。

土地を担保に事業資金を調達するような計画では、既に担保設定がなされてしまっていると資金調達できないことも考えられます。

いろんな意味で土地をそのまま使うことに支障がないかどうか、事前調査しておかなくてはいけません。場合によっては、未納の税金を精算しておく必要があったり、抵当権を抹消させる資金繰りをしなくてはいけないこともあります。

まず、土地の有効利用については、その土地の内容を調査しておかなければいけません。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。