スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法対応工事

法対応工事とは、建築基準法や消防法等店舗に関わる法規や条例、指導に従って施される工事のことです。
店舗の業種や業態、使用方法によって、法対応の細かな部分は違ってきますから、管轄行政と協議しながら工事内容を決めていくことになります。
この法対応工事については、オーナーが負担すべきものとテナントが負担すべきもの、そして費用はテナントが負担するけれどもオーナーがその施工を行うものに分かれることがあります。
オーナーが負担すべき工事は、その建物が法適合した建物として必要な基本的な工事のことです。
テナント負担工事は、テナントの業種的内容や利用方法によって施工が必要な工事のことです。
テナント負担のオーナー施工工事は、テナントの使い勝手によって基本的な法対応設備の変更をしなくてはいけない工事のことです。
この3つの区分は物件毎に微妙に違ったり、契約内容や工事区分の取り決め、内装設計基準によっても違ってきたりしますから、一概に区分を明確に決めることはできません。
いずれにしても、建物が万一何か事故や事件などのトラブルに巻き込まれた場合、その責任の範囲の問題に関わりますから、法対応工事については明確に区分しておくことが肝心です。また、区分を明確にすると同時に、メンテナンスの費用負担も明確にしておかなければいけません。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。