スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立つ鳥跡を濁さず

テナントが退店する時に、よくオーナーと揉めている物件に遭遇します。
契約中からずっと何かトラブルがあってお互いに仲違いしていたオーナーとテナントが、いざ解約となると今までの鬱憤を晴らすかのように、クレームを言い合います。
逆に、良好な契約関係を築いていた両者は、解約時も円満です。
この両極の2つを今まで見てきたので、いかに契約中のコミュニケーションが大事なのか痛感します。

オーナーの責務として、漏水や建物の一部改造などテナントに協力してあげることも大事で、テナントは契約どおりの家賃支払・使用方法を守り、建物を改造する時は必ずオーナーに届け出て承諾を得なければいけません。また、建物を大切に使用するという意味でも建屋ないだけでなく、建物の外構や駐車場、植栽などの清掃を定期的にしてあげてほしいものです。
また、オーナーのいる場所と店舗が近ければ、店長が代わった時は挨拶ぐらいはいっておくべきと思います。
普段、丁寧に対応しておけば、何かオーナーにお願いをしなければいけない時に協力してくれることも多いものです。

退店物件のリーシングをしているとたまに、オーナーとテナントが揉めてしまって物件の内見さえできないことがあります。また、テナントが家賃で協議が整わず供託していたり、契約条項違反を理由に一方的な解除を通告していたり、弁護士を立てて訴訟にまで持って行こうとしていたりと、とてもじゃないですが先に解約の問題を解決してから後継テナントを探すことを考えてくださいと言いたくなるようなものもありましたからね。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。