スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工事期間の賃料

工事期間の賃料をどう取り決めるかは、契約を順調に進める大きな交渉事のひとつです。
内装工事はテナントの仕事だから、家賃はテナントが負担して当たり前と考えてるオーナーもいますし、商売が始まってからの家賃で構わないと言うオーナーもいます。
工事が2、3ヶ月掛かるならテナントはなにがしかの負担は必要ですが、1ヶ月ぐらいなら家賃は要らないよと言っていただけると、私も安心なんですけどね。必ずしも賃貸物件をたくさん保有していて家賃収入が毎月ガッポリ入ってくるオーナーが融通が利くわけではありません。意外にこういうオーナーが家賃起算に厳しかったりします。
逆にテナントの方は工事中家賃は支払わないと決めてるところは少なくありません。
最終的には、両者の要望を聞きながら、工事中は半額にしたり1/3にしたりと落としどころを決めなくてはいけません。
長い契約期間の中のホンの一時の家賃の取り決めですが、最初の家賃のやり取りになるので敏感になるのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。