スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗降客数

駅前物件などは最寄の駅の乗降客数により物件の立地判断をします。
しかしながら、駅の形状によりその乗降客数がどれほど読み込めるか違ってきます。
例えば、地下鉄の場合、同じ1日1万人の乗降客数の駅であっても、地上への上がり口が駅によって違います。4つしか上がり口がない駅もあれば、6つも7つもある駅があります。
また、上がり口によって人の多い口もあれば、人の少ない口もあり、単純に比較はできません。
そういう意味では、駅前物件を判断するには、どれぐらいの人が改札から流れてくるのか、細かな調査も必要なのではないのかなと思う次第です。
物件の前に自転車置き場があるとか、隣に集客施設があるとかであれば、同じ駅の出口の中ではオイシイ物件になるでしょう。
駅近物件でも、駅の乗降客数データだけでなく、物件の付近の出口からどれぐらいの人が出入りするのか、実数を調査しておいた方が良でしょうね。
オープン後は駅から出てきた人がどれぐらいの比率でお店に立ち寄るか、サンプルで比率調査をしてみるのも面白いかもしれません。何日かに分けてデータを取り、その数値を元にどれぐらいお客さんとして見込めるのかの判断材料にしてみるのも面白そうです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。