スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集客力の弱まり

最近は、どんな業種であれ、店舗単体での集客力が衰退したように思います。
スーパーマーケットやディスカウントストアそしてドラッグストアにしても、競合店が増えてしまったせいで、相当特殊な特色がない限り、集客できるエリアが限られてきたように思います。
そういう意味で、確実に商圏内の顧客をたくさんの比率で集客する店造りが大事なのだと思うのですが、チェーン店では店のオペレーションやデザイン、商品構成が同じで、規格が統一されるため、敢えてある店舗に行くのは、メンバーカードがあるからとか、特売日だからとか、お店自体の魅力に惹かれて買い物に行くということではなくなりました。
よく行列のできる繁盛店と言う店舗はほとんど聞かなくなり、価格の高い安いより、自らの利便性を優先して買い先を選ぶ時代になったのだと思います。
いつでもどこでもそれなりにお手ごろ価格で買い物ができる、そんな便利な時代になったと言えるのかもしれません。
店舗の出店の際、商圏人口が何人で、既存競合店が何店あるから、まだこれぐらいの売上は見込めそうと言う判断で出店することが多いですが、昔のディスカウント店のように、他店の売上を分捕って出店しようとする血気盛んなテナントも激減しました。価格で強引に集客するのではなく、いかに与えられた商圏で確実に顧客を確保するかと言う、良い意味では戦略的になったのかなとも思います。
ただ、同じ商圏内で各テナントのバランスが取れている内は良いのですが、時によって商圏以上の出店=オーバーストアに陥る時があります。こうなると、生き残りを掛けた販売合戦は発生し、その戦争に負けた店舗は閉店を余儀なくされるわけです。
商圏人口・購買力と競合店舗のバランスが、少し崩れただけで、過激な生き残り合戦が始まるという厳しい世の中なんですね。微妙に競合店同士バランスが取れていると言うのは、お互いに最低限の顧客を食い潰さないと言うことで、共存できていると言うことなんでしょね。集客力が強い同業店が来ると一気にバランスが崩れるだけに、お互いに適度な集客力でバランスを保っているのでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。