スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家賃格差

同じ大阪でも場所によって全く家賃の単価が違ってきます。
何と言っても1番高いのが梅田界隈で、まず駅近い1等地は物件が出てきません。ほとんど駅ビルや再開発ビルで、一般の個人が所有しているようなものはありませんからね。電鉄会社や百貨店会社、ないしは大手不動産会社やビル会社が所有していて、物件として扱いようがありません。家賃の単価も坪10万以上ですが、なにぶん情報が表に出ないのでどうしようもありません。
しかし駅周辺の商店街や商業ビルは物件としてたまに出てきます。ただ、商店街に面しているとやはり1階なら10万以上するところもあり、平均的にも1階なら6,7万はします。
難波においても、商店街なら1階で坪10万ぐらいする場所もあり梅田と同じく平均的に6,7万はします。商店街を外れた場所なら3,4万程度まで下がってきますが、それでも高額ですよね。
阿倍野という場所も物件が少ないせいで単価は高くなっています。1階で5,6万ほどしますね。でもここもデパートや駅ビル、商業ビルがお客さんを集めるので、そういう物件は電鉄会社や百貨店会社が所有していて物件は表に出てきません。
結局こういう単価の高い所で商売できる業者は、成約時の報酬も必然的に高額になり、地の利のメリットがかなり高くなります。
淀屋橋や本町などビジネス街では、1階の家賃単価は1.5~3万程度ですから、これでもグロスで考えると良い家賃になります。
繁華街やビジネス街を離れて、住宅立地の駅前店舗になれば1~2万ってところですから大分常識に掛かってくる家賃です。しかし、急行の停車する主要駅前では1.5~2万、それ以下の駅前なら1万前後まで下がってきます。
こう考えると、同じ30坪の物件を扱ったとしても、繁華街なら200~300万にもなり、地方の駅前では30万程度となってしまうわけです。
営業エリアによってこれほど格差が現れるんです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。