スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約・引渡・着工の流れ

居抜店舗物件の場合、契約から引渡そして着工へとオープンに向けての作業が流れていきます。
前店舗との契約期間を残して契約した場合、先に契約の後、営業店舗の原状復旧工事が終わった後、建物の引渡を受け新しい店舗の工事が始まることになります。契約日=引渡日と言うことも少なくはありません。既に空き店舗となっている物件などはこのパターンになることがほとんどです。
家賃起算日が契約日から、また引渡日から、さらにオープン日からなど契約毎に違ってきますが、契約から引渡まで少し時間的余裕がある場合は設計に時間が掛けられるので、事前準備を十分にできるメリットがあります。当然引渡ないしオープン日までは家賃が発生しないので、コスト的にもメリットは高くなります。
契約=引渡の場合、プランを詰める前に契約締結がなされ、着工まで少し時間の掛かることがあります。オープン日が家賃起算日ならともかく、契約日が起算日なら大急ぎで設計施工を終えなくてはいけません。
家賃起算はテナント企業ごとに方針があって、絶対にオープン日にしか起算しない企業もあります。
逆に、強気のオーナーの場合、起算は契約日または引渡日に固執する時も少なくありません。
テナントにとっては、売上できる時が家賃を払える時であり、売上に関係ない工事では家賃発生は無駄な出費となります。
契約ー引渡ー着工のスケジュールを把握して、家賃起算をどう考えるか、事前にオーナー・テナントの調整をしておくことは後の手続きをスムーズに進めることができるようになります。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。