スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「仮差押」や「仮処分」の即時解約

先般、契約書を弁護士にチェックしていただいた時に指摘された事項があります。
「仮差押」や「仮処分」をテナントが誰かに申し立てられた時に、それが即時解約となると言う条項はテナントに不利になりますよと言うことでした。
契約書では大方、仮差押や仮処分、強制執行など受けた場合は、即時解約されると条文化しているものがほとんどです。ところが仮差押や仮処分は申立人の一方的意思により、書面審理と審尋だけで裁判所から出される保全処置です。申し立てられた側は何も知らないうちに手続きされてしまうこともあるとのことです。
そのため不道理な理由であったり、冷やかし気味にそういう行為をされることもあり、テナントに何の落ち度もないのに一方的に契約解除されるのは、テナントに不利な条件なので仮差押や仮処分を受けたことによる即時解約の条項は削除することになりました。
実際のところ仮差押や仮処分はあくまで債権の保全処置であり、実際に債権を回収するには裁判所から債務名義を得て強制執行することになります。その場合は、即時解約されても仕方ないことになります。強制執行すべしと判決が下ったのと同じですから、当然契約即時解除となって当然なわけです。
今後の契約書作成の1つの知識として良い勉強をさせていただいたと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。