スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居抜店舗

昨今、店舗を新たに新築するよりも既存建屋を利用した空店舗いわゆる居抜店舗を探しているテナント数が激増しました。
建物を新築するイニシャルコストを削減するためですが、いろいろとデメリットもあります。
1.希望の建物規模を探さなくてはならない。
2.建物配置、レイアウトは既存建屋の形状や大きさに左右される。
3.空店舗になると目立ってしまい良い物件は各社が目をつけてくる。
4.適法な建屋でないと増築、用途変更などができない。
5.建物改造工事に多額の費用がかかる場合がある。
など、いろんな面で制約を受けるので居抜だからといって簡単には物件は見つからないものです。
特に最近は各社リストラが終わり閉鎖店舗数が減ってきたため、優良な物件が少なくなっています。
私も各社テナントから居抜物件の情報依頼を受けますが、大体希望パターンが業種毎に決まっており、多数の企業が同様の物件を探しているので競争が厳しくなっています。
良い物件は水面下で動き出し大っぴらになる前に後継テナントは決定してしまいます。
スポンサーサイト

テーマ : 不動産
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。