スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーガルチェック

契約書など取り決めを交わす文書を法律の専門家ないし法務担当が内容のチェックをすることを、リーガルチェックと呼んでいます。
テナント企業によって自社で専門部署を持っていたり、顧問弁護士にチェックを任せるところもありますが、開発責任者や代表者が自らチェックする場合もあります。
ここで気をつけていただきたいのは、案文を作成する業者は貸主側にいようと借主側にいようと、中立な立場で案を作っているということです。
契約書はほとんどの部分が共通した規定であり、個々の条件や特約以外は同じようなものです。
表現方法や言い回しに違いはあっても、意図するところは同じです。
ところが法律の専門家や専門部署がかかわると、いたって要旨にかかわらない細かな一言一句に訂正が加わり、思いの他手間が掛かることが少なくありません。以前同じ契約書を使っても法は日々変化していると言い、また時間を掛けてチェックするテナント企業もありました。
契約書は大事な文書ですから、社内で取り決めた基本的なひな型をちょこちょこいじらない方が良いと思うんですけどね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。