スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃料の違いによる営業効果

店舗物件の規模と立地により、同じ1案件でもフィーに大きな開きがあります。
例えば、店舗面積80坪の物件を郊外型の駐車場付き物件で決まった時は、概ね80万~120万円程度の家賃となります。ところがこれが梅田や難波の繁華街だった場合、家賃は400万~700万円に跳ね上がります。(郊外の主要駅の駅前なら80万~150万円ぐらいですから、これはロードサイドタイプと似た価格帯になると思います。)
同じ1案件でこれほど賃料が違い、それに伴うフィーが大きな差になるのは改めて、良い場所をテリトリーにしているとコストパフォーマンスが良いなと思います。
私の場合はロードサイドが多いので、あまり繁華街の実績はありませんが、中にはビル1棟で家賃800万円とか1000万円とか言う情報を聞くと、そんなに家賃を出すテナントを知らないとつくづく思ってしまいます。賃貸物件でも売買物件並みのフィーになりますから、繁華街物件って凄いなと思います。
私の場合、50坪以下の小さな物件は積極的には扱いませんが、繁華街に限っては規模の大小関係なく扱います。20坪で100万前後もするのですから、居抜による勝負の速さと言う意味では、コストパフォーマンスが良いですからね。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。