スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産業または建築業としてのリーシング

不動産業としてリーシング業務をするか建築業としてリーシング業務をするかでは立場が全く違ってきます。
仲介料や企画料を得るか工事を得るかは別業務であり、不動産業と建築業とがコワークできる理由となっています。
ただ最近はこの区分けが曖昧になっていて、建築会社や内装会社でも不動産にまで関わってフィーを要求してくることもあり、逆に不動産会社が工事に関わりを要求してくることもあります。
実際のところ内改装については建築会社を絡めることはつくづく難しくなったなと思います。また建築工事を前提にリーシングする場合、建築が要るなら不動産フィーはなしと条件付けされた場合、工事が価格不調や工期の問題で受注できなかった時にトラブルになりかねません。
不動産は契約できればフィーはいただけますが、建築は見積もり価格が予算に合わないと受注できません。ある意味手離れが悪いと言えます。
やはり建築条件を付けることはかなりリスキーだと言うことになるのでしょうか。。協力金方式の新築案件なら何とか折り合いは付けやすいですが、それでも建築予算と見積もり価格が全く折り合わないことも少なくありません。特に最近の建築物価の高騰で余計不安要素が高まってきました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。