スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築会社との物件情報交換

物件情報を入手するのに、建築会社から情報をいただくことも少なくありません。
当然建築受注を目指しての物件紹介ですから、「テナントが決まった際には、工事を下さい。」と言うのが営業の趣旨です。
しかしながら、新築案件はともかく、居抜案件については工事受注が難しく、また工事金額も少なくなるので、居抜物件の情報をもらった時には、「最悪の場合、工事は受注できないかもしれません。」とお伝えしています。私も元ゼネコン営業マンですから、新築であれ居抜であれ情報を紹介する以上工事がほしい気持ちは判りますが、思い通りにはなかなかいかないので工事の受注は保証できない旨前もって言うようにしています。ゼネコンからの土地情報の場合は、建築にひも付きができないテナントには情報を提案しないことにしています。
以前、同業者の営業がゼネコンから土地情報をもらい、外食店舗をリーシングしたものの、建築のことを一切テナントに伝えておらず、結局ゼネコンは工事をもらい損ねて泣き寝入りしたのを見たことがあります。自分さえ儲かれば良いと言う自分勝手な業者で、私も嫌な思いをさせられたことがあります。
建築会社営業マンは何とか特命工事を獲得しようとリーシング業者に頼る訳ですから、新築案件の場合は最低限入札・見積合せに参加できるところまで段取りしてあげるのが礼儀だと思います。100%受注は保証出来ないですけどね。
ただ現実的には私のようなゼネコン出身のリーシング業者でない場合、ほとんど建築のことは頭にありません。どういう段取りで工事の受注を進めていけば良いのか判っていませんしね。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。