スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床面積と店舗面積と売場面積

床面積と店舗面積と売場面積を、きちんと使い分けしなければいけません。敢えてここでは違いは書きませんが、床面積は設計や申請上の基本となる面積で、法床面積と延床面積の他に施工床面積など、いろんな基準で数値も違ってきます。
店舗面積と売場面積は、大店法の届出の基準となる面積ですが、通常リーシング業務でもこの名称を使用します。ただリーシング業務では大雑把な使い方をすることが多いので、あまり店舗面積と売場面積を区別せず、店舗面積で呼称することがほとんどです。
業者から物件案内をもらって、記載された店舗面積の数値をチェックすると、階段やPSや機械室など、本来共用面積になるものまで合算したものをたまに見掛けます。
テナントに物件案内する際、テナントが占用できる面積を記載するのが本筋で、その面積を元に条件設定するわけですから、はやり面積チェックだけは再度自ら行なうことが肝心です。物件案内書より実測面積の方が大きければ問題はないでしょうが、逆の場合はトラブルの原因になりかねません。
よく物件案内書に図面と実際の大きさに相違があれば、現状を優先しますと書かれているものも少なくありません。これも案内書の面積と実際の面積が相違した場合のトラブルを回避するための、後々の言い訳にするための注意書きみたいなものです。
店舗面積は形が歪で、計測の仕方によって微妙に数値が違ってくることがあるので、こんな但し書を書いておくことも合理的な意味はあるのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。