スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居抜物件の考え方

居抜物件という言葉がリーシング業界でよく言われます。
簡単に言えば、店舗として既に建物があり、内装工事を施工すれば店舗として営業できる物件と言うことです。
ただ、居抜の内容については細かい考え方があって、業種によって捉え方が違ってきます。
例えば、飲食店の場合、居抜物件と言う意味は厨房設備が整った物件であるか、ないしは給排水排気排煙の基本的な配管等が既存する物件と言うことになります。
また、物販店の場合は建物の形があればほぼそれで居抜といういみになります。
昨今、居抜物件はイニシャルコストを抑える為の出店手法として大人気で、そんな物件情報を求めるテナントニーズをたくさん聞きます。
特に飲食店の場合、店舗に残された厨房機器などの買取を求める声も少なくありません。概ね、譲渡人と譲受人との間で希望価格にかなり差があり、金額調整に苦労することも少なくありません。
譲渡人としては、折角お金を掛けて仕上げた内装や設備機器だから、それなりの金額で買い取ってほしいと考えるでしょうし、譲受人は、どちみち店舗内装を撤去するのにお金が掛かるんだから、無償で譲ってくれてもいいんじゃないのって考えていることが多いようです。
設備機器でも冷蔵庫や冷凍庫は食材を保管するものであり、無償で譲り受けたとしても途中で故障し、食材を全部腐らせたと言うトラブルにもなりかねないので、保管用の機器は新しいものに入れ替えるテナントも多いですけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。