スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店舗開発担当と(店舗)営業担当

物件の評価に関してはテナント企業の店舗開発担当と営業担当とで違うものになりことが良くあります。
開発担当は物件の店舗規模や形状、立地、視認性、交通量や周辺人口などハード面の外観性と基準数値で評価することが多く、営業担当は客層や客単価など売上数値が見込めそうかどうかを判断しています。
開発担当が出店を前向きに検討しても、営業担当で不可になることはよくあります。
物件を2重の基準で評価することは大事ですし、いろいろな面で評価を加えることは肝心です。ただこの評価も予定より意外に売上が良かったとか、悪かったとか外れることも多いので出店を決定すると言うことはテナントにとって1番慎重な判断の結果です。
中小のテナント企業の場合、オーナー社長が現地をみて即決することもよくあります。我々リーシング業者にとっては時間も掛からず、明確な答えをいただけるのでオーナー社長に現場を見ていただくのは、とても仕事の効率としては良いものです。
大手企業の場合は地区の開発責任者が物件を調査し、稟議を申請しトップからオッケーの承認を得るまでは1週間~1ヶ月を要することが普通です。開発担当の意見と営業担当の意見を踏まえ定期的に開催される、開発会議や役員会議で承認を得なければいけませんから、時間が掛かるのも仕方ないことです。この場合はリーシング業者は稟議承認されるかどうか、あれこれ心配しながら稟議結果を待っているのです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。