スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内装工事業者の難しさ

内装工事の施工を生業とする業者さんも、我々と同じようにリーシング営業をします。
リーシング業者と違うのは、不動産に関する手数料を稼ぐのが目的でなく、工事を受注することが第一番の目的です。
ただ、この工事を受注すると言うことは不動産業に比べかなり難しいものだと思います。
不動産の情報はもらったところに紹介料を払うのは当たり前のことです。それはテナントには決まった不動産屋がいなくて、物件の成約についてのフィーについては支払って当然と考えていただいているからではないかと思います。(中には性質の悪いテナントがいて、お抱えの不動産屋を無理やり噛ましたり、紹介を受けた業者を飛ばしてお抱えの不動産屋に地主に当らせたりするビジネスマナーのなっていないテナントもいます。)
内装工事については店舗の場合、デザインと施工が同じ業者であったり、決まった内装工事屋がいたりして、なかなか新規参入する機会が得られないというのが現実のようです。
受注を優位にするため、物件を持ち込み、引き換えに工事を貰うと言う仕事の流れが、我々リーシング業者と業務バッティングすることになるのです。
工事を特命で受注するなら不動産の紹介料は支払わないテナントもいます。また、持ち込み物件については特命で発注するとしていても、工事予算が厳しすぎて受注できないと言うこともあります。
工事業者と不動産業者とのフィーに関するトラブルはよく起こります。
そのためにも、不動産フィーと工事の受注は事前にどう取り分けするか決めておく必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。