スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解約通知

テナントがやむを得ず閉店を決めたら、家主に対して解約の意思表示をすることになります。通常解約日の3~6ヶ月前までに文書にて解約通知をします。一旦通知がなされると解約日までに原状復旧をして明け渡さなくてはいけません。原状復旧とはいえ、必ずしもスケルトンまで戻さないといけないと言うわけでなく、次のテナントが決まっておれば協議により内装や設備を残置して引き渡すことが可能です。
解約通知も契約の意思表示ですから、一度出した通知で家主に損害を与えてはいけません。例えば、次のテナントが決まっているのに解約を撤回し閉店はしないとは言えません。次のテナントが決まっていなければ家主さえ了解すれば問題はないですが、第三者が関係する場合は簡単にはいかないのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。