スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テナントお抱え不動産業者

店舗物件を扱っていると「うちは不動産の取引は決まった業者がいるからそこを通して契約を進めるわ。」と言うテナントがあります。
何の経緯も知らない業者を窓口にして取引を進めようとするテナントもいかがなものかと思いますが、テナントの代表者が良く知った業者であったり、テナントと業務提携関係のようなものを築いた業者であったりするわけです。
こんなことをする理由は、第一に考えられるのは、仲介料を安く済まそうという意図が見え見えです。
何の関係もない業者を間に入れることでテナントはその業者に仲介料を払うようにスキームを組みます。そして瓢箪から駒の業者はテナントから事前に決められた手数料を受け取るわけです。当然、通常の取引で支払わなければいけない手数料よりも大幅に安い価格を設定しておくわけです。
お抱えの業者は濡れ手に粟で手数料は入りますし、依頼したテナントは通常の手数料より安く済ませることが出来るわけです。
テナントが何としてでも出店したいと食いつく物件なら物件確保を優先するのでわがままは言わないでしょうが、もし駆け引きされたなら物件取得コストを下げる為にお抱え業者を噛ますわけです。
これをしてしまうと不動産業者が物件提案を敬遠する為、大手企業はこう言った行為をしません。
ある意味ずる賢いやり方なわけです。
何社かこういうやり方をするテナントは聞いたりして知っていますが、知り合いの業者も背に腹は代えられない物件だけはこのテナントに物件をしぶしぶ流すらしいです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。