スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約書の持ち回り

契約書の持ち回りをすることは良くありますが、持ち回りではなく当事者同席の捺印にこだわる業者がいます。大手企業ならそうは言いませんが、中小テナントや個人テナントの場合、契約日はオーナーの指定の場所に出向いてその場で捺印することを好むのです。
テナントから、「持ち回りでは駄目ですか?」と言われても、「いやーやっぱり来てください。」となるわけです。
中小企業でも捺印については、捺印申請承認後でないと捺印できないとか会社の印鑑は社外持ち出しできないと言うルールを持つ企業がほとんどです。契約に立ち会うのが好きで自ら捺印したいと言う社長ならともかく、自社で捺印の済んだ契約書をオーナーが捺印するのを眺めているだけなら、わざわざ立会いする必要はないと思います。
中小企業なら社長がいつでも印鑑を持って出掛けられるものと勘違いしている同業者がいますし、中小企業なら契約時はオーナーの所に出向いて契約捺印に立ち会うものと思い込む同業者もいます。
大手であれ中小であれ、契約書捺印は会社の大事な意思決定事務作業の1つです。
わざわざ出向くまでもなく契約は持ち回りで十分ではないかと思います。
持ち回りの実務をするのがわれわれの業務の1つでありますから。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。