スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居抜店舗の既存設備

居抜店舗を引き継ぐ場合、既存設備のチェックは大事です。
空調機器であったり、キューピクルであったり、浄化槽は既存の物をそのまま使用することが多いので、きちんと動作するかどうかチェックの上、引き継ぐ方に動作状況を報告してあげるべきです。
厨房機器や空調機器はリース契約となっているものも少なくありませんから、リースの引継ぎをした方が良いのか、また撤去してもらって新たに引継ぎ側が設置する方法を取るのかは事前に取り決めしておかなければいけません。
ちなみに、無償で設備機器を譲渡した場合は、譲渡人は瑕疵担保責任を負わない旨を譲受人に伝えておかなければいけません。後で機器にトラブルがあった場合思わぬ賠償請求をされても困りますから。
よく空調機器の撤去に費用が掛かるので、古い機器でもそのまま残して退店していくテナントも少なくありません。私の場合は、空調機器が7年以上経過したものである時は撤去を薦めますが、テナントによってはそのまま使用の継続を希望されることもあり、あくまでテナントの自己判断でとお願いしています。
浄化槽は簡単には交換できませんので、ほとんどそのまま使用されます。ただ、物販店舗と飲食店では、浄化槽の大きさが大幅に違ってきますから、業種が違ってきた場合は容量の確認が必要です。
建物のメンテナンスをきちんとされている建物は設備の点検もなされているのでトラブルは少ないですが、メンテは全くせず放ったらかしの建物の場合、テナントの変わり目に突然トラブルが発生することがありますので、特にしばらく空き店舗になっていた建物の設備は、後継テナントが決まったら1度設備点検をしておいてほしいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。