スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約書面のすり合わせ

テナントから出店申込書が出て、オーナーからオッケーをいただくと、契約スケジュールと契約書面のすり合わせに入ります。
テナントやオーナーによっては、契約稟議が必要なこともあり、今までざっくりと決めていた契約事項の詳細の詰めを進めることになります。
細かな内容とは、敷引であったり、家賃起算日であったり、物件の明け渡しや支払の方法など、大方の事項はどの物件も同様の内容で取り決めをすることが多いようです。
契約書の雛形はテナントごとに独自のパターンを持っているところも多く、リーガルチェックを経ないといけない企業も少なくありません。不思議な話ですが、違った物件で同じテナントに同じ契約書の雛形を提示しても、2つの雛形に違ったチェックが入ることも少なくありません。
契約書の雛形を定型にし、物件ごとで違う部分のみ変更する方が時間の短縮にもなるはずですが、必ずといって良いほど違うチェックが入ってきます。チェックした日の気分次第ではないかと思えるほど、合理性のない修正が加わることも少なくありません。
リーシング業者が契約書の内容にどうのこうの言うことはありませんが、大事な契約書こそパターン化し、気分次第で表現の変わらない統一的な文書にしてほしいものと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。