スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新料制度の不思議

契約更新料制度は関西では京都にだけ使われています。ただ最近は大阪などの保証金、敷引制度に変更し運用している所が多くなりました。
更新制度の場合、契約満期毎に家賃の1~2ヶ月分を家主側に払う訳ですが、不思議な慣習です。
先般も更新料の支払いは違法ではないかと言うことで裁判所の判決があり、家賃を抑えた価格で設定しその補填の意味で妥当な金額だから違法ではないとの見解が示されていました。
しかし家賃が高いか安いかと更新料とはあまり関連がなく、家賃が高いか安いかはなかなか裁判所では判断はくだせないものだと思います。相場にも幅があり仕様や環境でも家賃に幅があって当然ですから、借りる側がどう感じるかではないでしょうか。
契約を更新するなら更新料をよこしなさいと言うのは、いかにも家主に重きをおいた制度過ぎると感じます。賃貸業も借主がいてこその商売ですから、貸して上げてると言うスタンスは今の時代には違和感のあるものです。もし更新料を月々の家賃に乗せるて家賃が相場なら始めからそれで貸せばよいし、更新料を乗せると割り高感があるなら、物件自体の家賃設定に問題があるのではないかなと思います。
ただ物件の相場は家主が一方的に決める訳でなく、借主との協議の中で決められたたくさんの物件の家賃の平均値みたいなものですから、必ずしも相場でないといけないということはなく、物件付加価値性や特殊性によって家賃相場との差額感があっても問題ありません。
将来的には更新料制度は無くなっていく様に思いますが、昔からの商慣習ながら今の状況では違法性は問えなかったのはまだ商慣習として十分機能し、一般的に認められているものとも考えられます。今後借主が更新料に対し拒絶意思を増してくると更新料と言うものに異議が増え、無くなって行くものと思われます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。