スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピロティタイプの店舗の問題点

1階が駐車場で2階が店舗になったピロティタイプの建物についての考察です。
メリットとしては、狭い敷地でも駐車場が多めに取れるので一定台数の駐車場を必要とするテナントには都合が良いタイプです。また建物に一定の高さがありますから、手前に平屋の建物があっても視認性がある程度確保されるともいえます。
逆にデメリットとしては、店舗の入口やウインド、店舗壁面が人の視線の高さにないので、店舗の中の様子が分かりにくくなります。また、当然床面積が平屋に比べ大きくなりますから建築コストも高くなります。1階から2階への人を誘導しなければいけませんから、お客さんにちょっと面倒くささを感じさせてしまいます。

こうして考えてみると、ピロティタイプに適した業種は少し入るのが面倒くさくてもお客さんをひっぱて来る業種と言うことになります。いわゆる目的意識の強い業種でないといけないということです。
例えばDVD、ビデオなどのレンタルショップであったり、スポーツ用品店であったり、スポーツクラブであったり、飲食店であったりするわけです。頻繁には来店しないけれど、たまに寄ってみる店舗のイメージと言えます。スーパーなど週に何度か来る業種なら、車から店舗までの距離や動きやすさが大事ですが、目的意識のある業種の場合は距離や動きやすさより、商品で集客するためピロティでも大丈夫と言うわけです。
ピロティの場合、平屋店舗に比べ業種の制約がありリーシングも難しくなってきます。テナント企業のピックアップが数限られてくるわけです。


スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。