スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築図面

リーシング業務をするについては、物件資料として図面が必要となりますし、また図面の基本的な見方をしっておくべきだと思います。
入手した図面を見て、店舗の間口、奥行、形状などの把握や物件概要書と面積に相違がないかチェックしたり、店舗の有効面積が合っているのかとか、売場面積と店舗面積の大まかな感じを掴むと同時に、天井高や柱位置、トイレや水周りの位置などを確認する作業が必要です。
物件情報を他の業者からもらった時にたまにあるのですが、物件案内に書かれた店舗面積と実際の図面との面積差に大きな違いがある場合があります。店舗面積**坪と書かれていても、階段やエレベータ、共用通路、トイレなどの面積が全部入った床面積で記載していることもあり、テナントに物件紹介するには店舗として使える正味の面積を把握しておく必要があります。後で案内書の面積と実際の有効面積がかなり違ってい店造りが出来るはずもなかったと言うトラブルにならないようにしておかなければいけません。
丁寧な業者の場合、図面で面積をチェックし有効面積を出してくれますが、図面を見ない業者の場合はこちらから指摘するまでチェックしませんから、まずはトラブル防止のため物件は図面で面積を把握するようにしておかなければいけません。
概ね参考になる図面の種類としては、
配置図・・・建物が敷地の中でどの位置にどんな形で配置されているかを表す図面で、多くの場合、建物位置の他、敷地の境界線、外構、駐車場、緑地、車の出入り口などの位置が描かれています。平面図と配置図が一緒になったものもたまに見掛けます。建築を良く判っていない業者で配置図と平面図の違いを理解していない場合があります。
平面図・・・建物の内部の寸法や仕様や柱位置、トイレなどの水廻り位置など店舗区画の細かな寸法、レイアウト、仕様などが描かれた図面で、店舗を設計していく上で1番基本となる図面です。店舗の面積を把握するのに必要な基本的図面で、最低限の見方だけは知っておくべきです。
立面図・・・これは建物を外部から見た図面で、東立面図なら東側から見た建物の外観図と言うことになります。壁面のサイズを知ったり、広告塔の大きさを知ると同時に、外装工事に関して必要な図面となります。テナントが外部サイン工事をする場合にも必要になる図面です。東側立面の他、西・南・北側各々の立面もあります。
断面図・・・これは建物をあるラインで縦割りした時の断面の図面で、これから判る事は天井の有効高だとか天井のボードから上の階のスラブまでも深さだとか、梁の大きさ、床の上がり具合などの高さの情報に必要な図面となります。天井裏の配管をどうするかなど設備工事には必要な図面で、天井高に気になるテナントに天井高を聴かれたらこの図面を元に回答するのが確かです。

基本的に以上の4つの図面があれば業務上はほとんど用を足します。建物の形や大きさやレイアウトが判り、高さが判ればテナントが出店を決定する建物の数値としては基本的に充足しています。こう言った図面は建物の確認申請書副本にすべてありますから、そこから複写すればオッケーです。(もし確認申請図面と大きさや柱・壁の位置に大きな違いがあると、違法建築物と言う可能性もありますから、その際は注意しておくべきです。よくマンション1階の店舗の元の図面を見ると駐車場で申請していたと言うこともあるので、その辺りの経緯は了解の上契約を進めてください。)
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。