スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業態の多様化

最近はいろんなテナントがいろんな業態を持っているため、1つの企業で多くの屋号を持っっています。
居酒屋でも、屋号を変え、同じようなメニューなのにどういう意味があるのか判らないものもあります。
テナントとして屋号を有名にしブランド化するのが宣伝効果もあって良いと思うのですが、複雑に屋号を変え、業態を変え、メニューを変え、そう言った違いと言うのは消費者には全く判らないことがほとんどです。
企業買収でいろんな業態を持つ場合は、ある程度テナントの名前が一般化しているので、そのまま引き継ぐことがほとんどですが、自ら新しい業態の開拓ということで新しいコンセプト店舗を造っても、いまいち今までの既存店との違いが判りにくく、屋号を別にすることに非常に疑問に感じることがあります。
街中を移動していて新しい業態のテナントを見つけた時、どんな企業が経営の母体であるのかを調べることにしているのですが、元々あった業態に新しいものを加えたと言うパターンが多いのです。メニューなどどう既存テント差別化しているのか良く観察しても、違いが判りにくくなっていることも多々あります。
試行錯誤でどの業態が受け入れられるのか、試験的に出店されていることもありますが、それはそれでインパクトのある業態を望むところが、意外にもさほどインパクトのない店造りがされていることも多いです。特に飲食居抜店舗をコストを掛けずに改装しているようなテナントは顕著です。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。