スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極秘物件の取り扱い

物件紹介を受けた時に、「この物件は極秘物件ですから、業者に流したりしないで、エンドユーザーのみに情報を流してくだいさいね」と言われる物件が年間に数十件あります。
こういう物件の場合は、まだ営業中で閉鎖することが従業員やオーナーに開示されていないことがほとんどで、現地調査についても目立たず判らない様にする必要があります。
こう言った極秘案件でも、情報が先走りしてしまうと極秘性が失われかねません。
むやみやたらに情報を数多くのテナントに出しまくったりすると、どこからともなくそれが業者に出回ることもあります。
たまに極秘と聞いていた情報が、業者間に既に流通していることは珍しくありません。極秘と言う条件が一旦情報が第三者に出ることによって、極秘でなくなると言うことをよく認識しておかなければいけません。
昨年も、極秘で動いていた物件に途中で他の業者が直接オーナーに問い合わせをしてきたりと言うこともありました。これは退店するテナントが知り合いの業者に情報を流してたようですが、従業員やオーナーには知られたくない場合は、信頼できる業者を選んでおくべきです。
また、リーシングの途中経過はリーシング依頼をいただいた方には定期的に報告をいれておくべきです。どういうテナントに物件を出し、どんな感触なのかを報告しておくと、万が一見ず知らずの業者が物件の問い合わせをかけてきても、対処はしやすいと思います。テナントとつるんで物件の横取りをしにくる業者も残念ながらいるものなのです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。