スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保証金の返還

契約が終了すると、原状復旧して建物を引き渡し、その後家主さんから保証金の返還分をテナントに支払うのが通常の流れです。
未払い家賃など家主さんがテナントに対して有する債権を差し引いて、精算した金額を返還します。
ほとんどの契約では引き渡しから1ヶ月以内に返還するのが多いようですが、中には3ヶ月ぐらい猶予をみる契約もあります。
普通に考えると解約して建物を返したならすぐに保証金を返すのが普通ですが、資金を少しでも長く留保しておきたいせいかやけに返還まで長く掛かる時があります。
次のテナントが決まっていれば、そこから入る保証金を返還保証金に転用できるので、そういう資金の転用を狙ってしばらく留保する家主さんもいます。
家主さんが預かった保証金を何らかの事情で別に使ってしまってる時も少なくありませんし、ディベロッパーの中には資金繰りのために保証金を転用してることもあります。
いざ建物返還になり慌てて返還保証金の資金繰りをしなくちゃいけないこともあるので、返還が遅れることもよくあるようです。
小さい金額ならともかく、まとまった金額を返還しなければいけない時にトラブルが起こり得ますので、気をつけておかなくてはいけません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。