スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居抜店舗

居抜店舗と言っても2種類の考え方があります。飲食とか物販やサービス業の設備形態を備えた内装をそのまま転用できる物件と、単に建物区画がありほぼ中はスケルトン状態で新たに内装設備は仕上げないといけないような物件です。
飲食なら排気排煙設備があり、給排水設備があるようなものを居抜と言うことを指す場合が多いようです。
テナントによって設備が残っている方がイニシャルコストが掛からないので好むところと、逆に既存設備があると思い通りの店造りができないので嫌がるテナントもあります。
最近はいろんなテナントリーシング業サイトで居抜店舗の有用性を前面に押し出したものが多く、居抜物件主体に営業しているところも少なくありません。特に今では新築工事の申請期間にかなり時間が掛かるようになったので、出店計画が新築では間に合わなくなり居抜物件で件数合せしなければならなくなったテナントも多いんじゃないかと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。