スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都市計画調査

土地物件は行政で都市計画や開発要綱の他、下水道、上水道などインフラ調査は必須です。
用途地域の他、建蔽率・容積率・地域地区の指定、高度地区の内容、防火地域などの他、都市計画道路の線引き状況、場合によっては埋蔵文化財や宅地造成規制区域など特殊な調査をする必要な時もあります。
また開発指導の関係では、開発要件や手続など行政が配布している指導要綱などの冊子を取得しておくことも肝心です。
上下水道に関しては担当の下水道課で配管が敷設されているか、どれぐらいの管が入っているか、引き込みはどこにきているかなどの他、整備中のエリアなら供用開始されているか、計画中ならスケジュールはどうなっているかなど、ヒアリングしておくことも必要となります。

物件情報提案だけの時点では基本的な項目だけの確認で良いですが、テナントより前向きの回答があれば、出店に際し問題となる事項はないかどうか事前調査が必要になります。
調査不十分でプランを進めると、いざ図面ができて行政へ協議に行っても、建築できないとか思うような配置、ボリュームが確保できないなんていう事態も起こります。

行政の調査は部署間をアチコチ周り面倒くさいものです。しかし、こう言う調査は行政の規制のいろんなパターンを勉強する意味でも意外に勉強になり、後々別の案件でも知識が役立ったりするものです。
リーシング業者の中には、こういった調査が不得手で、何を調べたらよいか判らないところもあります。特に、新築案件は行政の法的規制を受けながらの計画ですから、この調査をないがしろにしていると後々トラブルの原因となることがあります。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。