FC2ブログ

土地開発コンサルティングビジネスマンのブログ

土地開発店舗開発をサポートするビジネスマンのブログです。 このブログでは店舗開発業務に関するテーマを中心にしています。

既存不適格物件

居抜店舗物件を使っていると、物件が現行法規に抵触し改造や増築ができないものがあります。
新築当時は適法な建物でも時の経過と共に、建築基準法や消防関連法規が改正され、いつの間にか法的に不適格な建物となってしまうことがあります。
行政に申請を出さずに増築したり改造したりするものは違法建築ですが、既存不適格は違法ではないと言えます。(ただ、行政の指導で改善しておかなくてはいけないことを放ったらかしにしていれば違法になりますが・・)
例えば、古い建物を改造したり増築したりするため、確認申請を出すため行政に協議に行った際、不適格箇所の是正をしなければ確認を受付してくれない場合があります。消防においても、指導で現行法にしたがった設備を整備しておかないと、改造や増築が出来ない場合があります。

行政になんら書面を出す必要が無く、現状のまま使用していれば問題がないのに、建物をいざいじるとなると不適格箇所を是正しなければいけなくなるわけです。
「以前、適法に建てて何ら問題なく使用しているのに、なぜ新たに増築や改造をすると不適格になるんだ!?」と考えるのも当然です。
建築や消防の法規はさまざまな事故や火災などが起こると、再発防止のため安全基準が良く変更されます。行政としては建物が古いとできるだけ安全に使用できるよう、改善措置の一環として許認可申請が出た時に是正するように指導します。
建物を所有することは建物を利用する人の安全を確保する義務がありますし、その為に行政の指導や法律に基いた建物に変更していかないといけないわけです。
特に大きな火災事故が起こると、その対策として新しい消防基準ができます。
是正にはお金の掛かる話ばかりですが、建物オーナーとして必要最低限の法適格を受けておかなければいけません。特に店舗の場合は、不特定多数の人が集まるので、余計法的に問題のない建物の状態にしておかないといけないわけです。

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rebornestate.blog91.fc2.com/tb.php/105-4373bf7d
ベーシック 会社法入門 (日経文庫)
「会社法」を今まで全く学んだことが無い方にお薦めです。会社法の基本と新会社法での変更点を統計的に、かつ簡単に学ぶことができます。一方、「会社法」はある程度知っており、新会社法の変更点だけを知りたいという場合には、余計な部分が多く、あまり適していないかも...