スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工事区分

店舗の新築や内改装工事をする場合、テナントとオーナーとの間で工事区分の取り決めをします。
業界的には、A、B、C工事とか、甲、乙、丙工事などと呼んで分けることが多いようです。(もっと細分化している場合もあります。)
簡単に区分を挙げると、

Aないし甲:
    オーナーが費用負担し施工する工事
   (建築本体工事や建物構造・躯体に関する工事、イン
    フラ関連の引込工事など建物の基本的機能に関する
    工事)
Bないし乙:
    テナントが費用負担しオーナーが施工する工事
   (テナントの設計やデザイン、配置によりAないし甲
    の区分内容に変更を加える工事) 
Cないし丙:
    テナントが費用負担し施工する工事
   (店舗の内装仕上や什器備品、間仕切、装飾物などの
    設置工事及びテナント持込設備工事)

のような感じになります。
(物件によってはBないし乙の区分工事が無い場合も多いので、上記の分け方が全てのパターンと言うわけではありません。契約前にオーナー側がどこまで工事をして引き渡してくれるのか十分確認してみてください。)
区分をハッキリ決めて契約しておかないと、後々思わぬ工事負担が出てトラブルになることもあります。


スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。