スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テナント開発担当からの電話

先日、以前契約でお世話になった某テナントの開発担当から電話がありました。

この人の場合、こういう電話がかかってくる時は晩飯でもと言うことが多いのです。
その日はたまたま私も夕方にアポがあって出かけることができなかったので、

「時間があれば是非と思うのですが、今日は生憎アポがありまして・・・」 とお断りしました。

でも、今後のリストラ情報などあれば聞きたいので時間さえあればお会いしたのですが、さすがに午後3時ごろに急に今日夕方どうかと言われると、先に入ってる用件をパスすることはできません。

それとこの方のお話は、良い情報が聞ける時と全く当て外れな時があって、喜び勇んで会って話を聞いても実りは何もなしと言うことも少なくないので、無理に都合を合わせる必要もないなと思うのです。

それと、この方結構自分勝手で、いついつ会おうと言い、時間はその日の動きに合わせて連絡するからと言っておきながら何時まで経っても何時に会うのか返事がないのです。

しびれを切らして、「あのー確か今日約束の日でしたよね。何時にどの辺りに行けばいいでしょうか?」と電話すると、

「連絡遅くなってすいません。もう少し時間が掛かりそうなので8時半頃でも良いかな?」とこんな感じです。

そうなんです、午後8時半まで待ってないといけないのです。

全く自分のスケジュール管理ができない人で、電話したのが午後5時頃でまだ3時間半も時間をつぶさないといけなかったのです。何と言うか人のことはあまり考えてない人で、正直仕事は遅いし段取りは悪いし、困った人なのです。頼み事する時には頭が低く、頼まれ事には大変手間が掛かるようにもったいつけます。

それでも情報を聞くにはこの人しか担当してないので、仕方ないのです。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事日記
ジャンル : ビジネス

開発同意

今、開発協議をスタートしている案件と、間もなく始める案件があるのですが、同意書について少し考えることがありました。

開発同意は必要かと言う問題で、2つのパターンがあります。

1つは、テナントがある土地に店舗を建てるのに、地主の開発同意書が必要になります。
これは当然のことで、地主が同意してない土地を開発できませんから、あってしかるべき同意書です。
更には、偽造を防ぐために実印と印鑑証明がある書面でないといけないことも必須条件でしょう。
実印や印鑑証明があっても100%地主が同意しているか解りませんが、少なくとも形式的には同意しているものと看做されます。ホントなら役所の担当と地主が会ってもらってその場で同意書に記名捺印してもらうのが100%確かですが、そこまでは役所は要求しません。

2つ目は、近隣地主の同意書がいるかと言う問題です。
こっちは直接的に開発協議の当事者ではなく、店舗ができることで迷惑が掛かったり、環境が変わったりする間接的な立場です。こう言う人の開発同意を取ってくることが開発協議の要件だと問題は大きくなります。
直接の当事者でない地主が、隣に店舗を建てられては迷惑だの一点張りで開発同意書に捺印しなければ、計画自体が進みません。開発者の利益を一方的に害してると同時に、財産を地主が有効に利用する権利を害しているとも言えるでしょう。ただし、開発者も自己の利益ばかり追求してもいけません。出店することで地域の環境に悪影響や公害をもたらす可能性もあるわけですから、一定の対策を施した建物計画をしなくてはいけないでしょう。
以前は開発協議手続きに近隣の同意や近隣説明会の開催を要件としている役所もありましたし、今でもあるでしょう。
しかし、感情的にそんな開発は嫌だだけで同意しない近隣がいたなら、それは近隣の人らの我がままです。
財産の有効活用に他人が口出しすることは、開発者の利益の侵害でもあるでしょう。
この問題だけは昔から繰り返されてきた地元問題であり、私も何度か地元説明会に参加しました。
開発者はできるだけ自分のプランを押し通したい、地元はできるだけ建物の規模を小さくさせて環境を守りたい、中にはゴネてうまい汁を吸いたいと思ってるやからもいたりします。
以前は近隣の同意を持ってくることを開発協議の要件にしている役所も多かったようですが、今は減ったのではないでしょうか。むやみに地元が開発に反対し同意しないために逆に役所が開発者から突き上げられることも多くなったのではと思います。法規通りに建物計画をしても当事者でない近隣が不作為で同意書に捺印しないだけで計画が進まなくなるのはやはり問題です。

今回は2件とも開発同意は開発地の地主のものは必要ですが隣接地権者のものは特に要求されてません。
ただし、自治会への説明はしておいてくださいとのことですので、そこはきちんと対応して協力してもらえるよう建物計画したいと思います。

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

地主交渉

先日、土地の開発のために土地を取りまとめようと思い、地主さんの家を訪問しました。
まとめる土地は全部で約1800坪で、そのうち500坪は既に話がついています。
今日伺った地主さんは550坪ほど所有しており、ここの話がつけば半分の押さえができたことになります。

私自身は会うのは今日で2度目になるのですが、今日は娘さんも同席しました。この地主さんはこの娘さんがしっかりしてるのでキーマンになります。
この地主さんの土地は既に耕作を止めてだいぶ経ち、草ボウボウでもはや畑に戻すのは不可能です。きっと貸したいんだろうなと思ってたら、やっぱりそのようで、売らないけど貸しますから早く進めてもらうと有難いなと言われました。
ただし、かなり協力を得るのがむつかしい地主さんが一人います。
本人の難しさ以上に相続登記できてない土地なので、権利者があちこちに散らばり収拾がつかなくなった土地なのです。今は相続人の一人の地主さんが耕作しています。
こう言う土地は売って金銭にして分ければ手っ取り早いのですが、如何せんしっかり畑を耕作してる地主さんなので簡単には辞めないでしょうね。

テーマ : 不動産
ジャンル : ビジネス

町会費

昨年夏に契約した店舗のある自治会から町会費の負担をお願いする文書が来ました。
以前、店舗の改装工事中に地元から要望されており、会長や役員とも直接話して負担することは了解していたので支払うことには問題はないですが、どうもこう言う負担と言うのは使い道がどうなったのか気になります。
個人的に思うのは、通学児堂の安全対策や地元の保安に使うならともかく、地元の祭りや老人会への補助に使うのは使途がおかしいのではないのかと思うのです。
今回の地元はがめついとか厚かましいとかそんな自治会ではなく、至って大人しい自治会なので払うのも仕方ないかなと思ってしまいますが、中には当然の権利のように払うのが当たり前だろ的な自治会もあったりして、金集めだけの目的のように言ってくる自治会もあるのです。
そして、高級住宅地だから大人しいとは限らず、高級住宅地だから住んでる人間も権利ばかり主張して、わがままを言ってくることが多いこともよくあるのです。
所得が高そうな自治会だから住んでる人も温厚で上品だろうなんて思ったら大間違いです。
こう言う地域の人は外から入ってくるモノに妙に敏感で、先住の権利みたいなモノを主張してきがちです。
地元と仲良く共存するのは当たり前としても、強引に権利を主張し、更には金よこせとは呆れた自治会もあったりするのです。

これから要注意

今日、池の傍を歩いてるとお年寄りが手摺にしがみついて池を眺めてる光景に出会いました。
この池の周囲は遊歩道があって、地元の人の散歩コース、ジョギング、ウォーキングコースにもなっています。
池には川鵜やサギなどの鳥もいて結構自然豊かな池なのです。

で、お年寄りは散歩にでもきて眺めてるんだろうと思いつつ、この暑い中自転車に乗ってる様子もないし歩いて帰るのだろうかなどと考えながら見過ごして通り過ぎたのです。
でも、何か元気がないような感じだったので、20〜30m行き過ぎてから振り返ったところ そのお年寄りが横向きに倒れてたのです。

これは大変と急いで戻ろうとしたもものの、私は池の横の道路を歩いており、遊歩道へは柵があって直ぐには駆けつけれないのでした。
でも、戻って救急車を呼ばないとと思っていたら、ちょうどジョギングの男性が通りかかったので、

「今、あそこに立っていたおじいさんが倒れたみたいで、様子見てあげてくれますか。」と頼みました。

その方もうなずいてくれて、直ぐにお年寄りが倒れてるのに気付いてくれたようでした。

直ぐに携帯で緊急の連絡をいれてくれてたようで、遠目に何か話してる姿が見えました。

暑かったから熱中症か血管系の症状だっかかもしれません。

私は何も協力できなかったですが、少しでも早く病院に運ばれて大事に至らなければと思いました。

これから、お年寄りはこう言った危険な場面が増えてきます。

いや、年寄りに限らず若年の熱中症や脳梗塞、心筋梗塞も見受けます。

年齢にかかわらず、身体には留意しておいてほしいものです。

テーマ : お仕事日記
ジャンル : ビジネス

土地探し

昨日取引先から急遽トラック置き場を探して欲しいという依頼を受け、早速指定の路線を走って状況確認してきました。
トラック置き場をと言うことから、道路付け、騒音問題、賃料を考慮して市街化調整区域の既に造成された土地がないか見て回りました。実際、市街化区域だとトラック置き場には絶好の土地があるのですが、それだと価格が高くなるのでお客さんの希望には合わないでしょう。
目的の路線を一回りして、一つ良さそうなのを見つけました。調整で土地も希望通りだし、トラックの出入りもし易そうです。
ただ、貸してくれるかどうかは解りません。売り土地になっているので所有者も貸しはチョットとなるかもしれません。
とにかく急ぎなので先ずはアプローチです。

# 境界明示

先日、測量士から水路と道路の明示が必要なので申請書を取りにきて欲しいと電話がありました。
ではと言うことで、直ぐに伺い申請書面を受け取りました。
地主への捺印はこちらが段取りしなくてはいけません。
この土地は隣地地主が境界同意しない箇所があり、開発協議を掛けるのに敷地確定するには多少の時間が必要になります。でも、自分が同意しないと将来自分が開発する時に同意をもらえないことになると思うのですが、どうもこう言う地主意識と言うものが理解し難いです。
概ね、こう言う境界立会いをしない地主と言う人は変わり者が多いと言われています。境界確定する事で自分の敷地の境界も確定して両者にメリットがあると思うのですが。。。

今回も一部立会いをしない地権者がいるようで、あまり品の良い人ではなさそうです。測量士があそこは立会いに出てこないと知ってるぐらいですから。
立会いがなくても開発できるような手続も考えとかなきゃいけません。

テーマ : 不動産
ジャンル : ビジネス

高級路線?

ロイヤルホストが売上好調らしいです。
他のファミレスとは違って少し高級路線で差別化して行った結果らしいです。

でも、私が感じる限りではロイホのサービスは行きつけのファミレスの中では低ランクにしか位置しませんし、美味しい料理が出てきているとも思えません。

オーダーを取りに来るのは遅いし、料理は冷め気味だし、アンガス牛がどうのこうの言ってますがそんなの他のファミレスも同じ物使ってます。

客席のスペースも広いとは言えませんし、料理もボリュームも盛り付けも貧弱です。
で、なぜこのお店が好調なのか解らないのです。

ビッグボーイやガストの方がずっと易くて美味しいと思うし、何よりコストパフォーマンスが良いと思いますけどね。元々ロイホファンだった私がロイヤルホストで食べたいなと思わなくなったのは、サービスのレベルの低さ、オペレーションのレベルの低さで、何年経ってもこれが改善されないお店の怠慢さ、そして美味い物を食べさせてもらったと思うことがなくなったことが原因です。
先日も何ヶ月振りかに行きましたが相変わらずのレベルの低さは変わっていませんでした。

ガイアの夜明けでも取り上げられていましたが、メニューの改善の前にもっとサービス、オペレーションを改善すべきでしょう。私の周りにもロイホ嫌いは結構多いのです。既に敬遠されている飲食店であることに気付かないとダメです。
高級路線なら、メニューだけでなくサービスも価格なりに、そして店員ももっとレベルの高い給仕を目指さなくては名ばかりのロイヤルホストになるでしょう。

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。