スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設備の不具合

改装中の現場で、既存防災設備に不具合が見つかり家主さんに直して欲しいとの依頼がありました。
家主さんに直して欲しいと言うのはすなわち、費用を負担して欲しいと言うことであります。
修理しないと作動しないため消防検査に支障が出ます。
当然、「家主さんには承諾を取るのでオープンに支障のないよう修理してください。」と伝え、家主さんからも承諾を得ました。

15万ほどかなと思ってた費用が25万ほど掛かるので、「結構するな・・・」とは思いましたが、ネゴして他の業者から見積もり取ってとかやってられません。現場は毎日刻々と進んでるのですから。

今までこの建物、テナントに引き継ぐのにほとんど費用が掛かってないので家主さんもそれぐらいが気持ちよく出してくれるでしょう。
当初、建物の整備に200~300万ぐらい掛けないとと思ってたのですが、テナントが全面改装するので家主さんが敢えてすることがなくなり、金銭的にかなりメリットがあったのです。

私も、何もないことの方がおかしいので、いずれ何か不具合が見つかると思うのでその時は負担お願いしますと言ってたので、今回は何の問題もなく修理ができます。

建物は見た目で不具合が解るのですが、設備は作動させてみないと判らないことも少なくありません。
動くはずのものが動かない、前は動いてたのに今回動かなくなってるなんてことはよくあります。

改装工事で毎日決まった工程があるので些細なことで工事に影響を出すわけにはいきません。
家主さんも問題ない状態で予定通りにオープンしてもらいたいと日頃からおっしゃってるので、テナントも安心しているようです。

来月オープンに向け、とにかくこれ以上問題がないよう無事を祈るだけです。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

遠い先の依頼

先日、ある家主さんと話してると言われたこと。

「14年先のなるけど、畑売るからその時は頼むで。」と言われました。

今、農地として持ってる田んぼがあって、14年後に農地を外すのでその時は売りたいとのこと。

その時は私、66歳にもなっています。家主さんは僕より一回り以上上なのに生きてはるんでしょうか。

奥さんは亡くなってるしお子さんも遠方で働いています。

相続人はお子さんになる予定ですが、お子さんがどうするかによって決まってきます。

地元に帰ってくるのか、誰かに貸すのか、売ってしまうのか。。。。。

私は足腰が立たなくなるまで働くのでもし14年先まで家主さんも、私も生きながらえてたら

「やっと売って身軽になれましたね。」 と言えますが。

いくつか土地と店舗を持っておられる家主さんなので相続税はかぜいされるでしょう。

その時のために現金を持っておきたとのことです。

僕の持論は、「相続財産は不動産で持たずに現金で持つ」 ことなので考えは似ています。

不動産を相続して直ぐに家賃収入があればいいですが、遊休地として持ってても経費だけがかかります。この負担は馬鹿になりません。リーマンでは持ちません。農地で残されても農業を生業とはできません。
もし、ほとんどの不動産から収益が上がっていたとしても、逆に相続税を払うために処分も必要になってきます。よほど蓄えがあれば別ですが。。。

不動産を数人の相続人で分けるのに、いくらの評価で、どの不動産を誰がどれだけの割合で持つかなど面倒な話が多くなります。現金なら種類は一つで分け易いですしね。
これから先、少子化で住宅重要は落ちるでしょう。宅地がダブついてくることになるでしょう。
売れる時に売り現金で持っておいて相続に備えるのがこれからの一番の方法かもしれません。

テーマ : 不動産
ジャンル : ビジネス

テナントの地元説明

今週はあるテナント企業の出店についての地元への説明があります。
居抜きであり特に建物の変更や敷地の変更もない居抜きなので、そんな説明に行かないといけないのかどうかわかりませんが、地元からどんなテナントが出店するのか説明がほしいと要望があるみたいです。

概ね、車の通行の問題やスクールゾーンになっている道路の安全の問題、あと24時間営業の防犯の問題などかなと思いますが、地元だから地元の言うことを聞いて要望に応えなさいと言うような姿勢だと困ります。

テナントとしては法律的にも問題ありませんし、常識的な安全対策、防犯対策を取っておれば文句を言われる筋合いはないのです。

近隣は過剰に自己の都合を主張してきます。
文句は言わないと損だとばかりに言ってきます。文句を言うのが好きな人は日本にも多くて、そんな些細なことによく噛み付くねと言う人もいますからね。
急激に交通量が増える、人が増える、不法駐車が増えると言うことがない限り特段の対策も必要ない場所なので、いったいどんな要望を言ってくるのか知ってみたいものです。

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

嫌がらせ

中国は今尖閣問題で強気な姿勢を見せ嫌がらせ行為も今後増えてくるでしょう。
元々大陸国家で領土問題をずっと抱えてきた国だけに島国日本ののほほんとした対応に隙をついてくるのではないでしょうか。
本来アメリカが睨みを効かせていれば良いのですが、大統領選挙を控えていることや中国との経済交流が大きいことで反発を招くのを嫌がっているので、あからさまに対抗措置ができない状況になっています。

常任理事国の国民がデモと言いつつショピングセンターに忍び込んで商品を略奪したり、無関係な人の財産を毀損したりかっぱらったり、発展途上国のように他国の国旗に火をつけたり落書きしたりと、こんな国が国連で世界中の大事な決め事の決議権を持ってると言うことに呆れてしまいます。

中国は日本を敵国にせず強力な経済パートナーとして共存していけばいろんな経済や工業のメリットが出て、結果中国国民にとってもメリットは大きいはずなのですが、そういう風に考え国民教育をしてこなかったことは多大な損失だと思います。

気に入らないことがあったら人のせいにする、嫌がらせをする、自分が悪くても謝らないとかいう国民性を改めなければ本当の意味での常任理事国にはなれませんね。

仕事においても中国みたいな対応をする人がいますが、こういう人とは二度と関わりたくないと思いますし、こう言う人は長く付き合える友人がいなくなりますね。
お金を持てるうちはヘイコラ引っ付いてくるのに急になくなればサッと引かれます。中国は今経済で大きな力があるから擦り寄ってきますが、国内が乱れ秩序がなくなる光景を見て他国も考えるところが多くなると思います。

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

ネットショッピング

仕事で使う消耗品からプラーベートで使う服まで、もうネットショッピングで済ませることが多くなりました。

この1年どんな物を買ったか列挙すると、

・スーツ
・腕時計
・オードトアレ
・傘
・レーザープリンターインク
・ファックスインク
・リストバンド
・バッグ3個 (ブリーフケース、トートバッグ、私用のショルダーバック)
・サングラス2個
・カッターシャツ
・ポロシャツ
・ベルト
・ヨットパーカー
・中元歳暮
・エアコン
・ラジオ

 等等、以前はお店で買ってた物までネットで買うようになりました。

すなわち、世の中が全体的にネットショッピングで済ませることになったわけで、実店舗の売り上げはこうなってくると下がりますね。

実店舗だけでなくネットで買い物してもらえるようなサイトも作らないといけなくなりました。

かく言う不動産も今はネットで先に物件を見てそれからその物件を掲載している不動産会社に問い合わせるパターンが主流です。駅前に店を構えてやってきたお客さんを対応するやり方では今はダメです。
ネットで見たお客さんをちゃんと捕まえておき他社に流さないと言うのが駅前不動産屋の主流です。

昔ながらのお年寄りがやってる不動産会社もほとんどなくなりました。
入口に広告をベタベタ貼ってるだけではもうお客さんを拾えないのです。

不動産はネットで見てその場で簡単に買うと言うことは馴染みません。
物件を自分で見て判断する必要があります。その見てもらうお客さんを如何に多く抱えるかが商売の肝心なところです。不動産業もサイトが人気あるか否かでかなり見る人の数も違ってくるでしょう。

テーマ : ネットショップ
ジャンル : ビジネス

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。