スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットショップ COO&RIKU 和泉店

cooriku

昨日28日にオープンしたCOO&RIKU (クー&リク) 和泉店を見てきました。

この建物の家主さんには以前もお世話になり今回2度目のテナント付けとなりました。
そして有難いのはこの家主さんはすごく対応が誠実な方で、私も安心してテナントに紹介できるので何とか今回も成約できて良かったなと思っています。

ちょっと大胆な看板だなと思いましたが、国道26号線で交通量も多く目立つ建物になっています。

COO&RIKU では、犬、猫の生体とネコカフェ、ペット用品全般の販売を行っています。

それとこのお店は他店より安い価格での販売を目指していますので、是非地域の方は寄ってみてください。

大阪はあまりペット専門店が多くないので、南大阪のペットショップとして1番店を目指して欲しいところです。

当日、午後3時頃に行きましたが、猛暑で歩いてると汗が吹き出てきました。

写真でも解るように日差しが強くて白っぽく写ります。

スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

居酒屋はなこ三宮生田神社店7月31日オープン

ペットショップ COO&RIKU(クー&リク)和泉店が7月28日オープンしました
COORIKU


居酒屋はなこ 三宮生田神社前店が7月31日オープンします
ikutahanako

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

COO&RIKU和泉店 7月28日オープン

7月28日土曜日 ペットショップ COO&RIKU和泉店がオープンします。

cooriku2

ペットの犬、猫の生体の販売、クリニック、用品の販売のお店です。

大阪南部の旗艦店として地域一番の店舗を目指します。

国道26号線南向き和泉市池上町交差点付近に店舗はあります。道路からもよく見えます。

駐車場は30台完備ですが、オープン当初は混雑が予想されますのでご注意ください。

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

契約から引渡しまでお任せ下さい

ここんとこ連日ある家主さんから連絡がきます。

店舗の入れ替えがあって契約も終了し、来月前テナントからの明け渡しを受け、新テナントへ引渡しをするのですが、敷金をどう返せばいいとか、原状回復工事の確認をどうすれば良いとか、次のテナントへの引渡しの段取りをどうしたら良いとか聞いてきます。

「ご心配なく。今原状回復工事中ですが新しいテナントと前テナントとで引渡し状態の調整も済ませていますし、引渡しと明け渡しの手続きもこちらで手配して調整済みですから問題ありません。また、新たに工事で費用負担いただくこともないので、確認や立会が必要な時は連絡差し上げますのでお待ちいただくだけで結構ですよ。」

と回答しました。

家主さんにしたらテナントが入れ替わるのに段取りをそうすればいいのか気になるところなんでしょうが、全てこちらでしますのでと何度も伝えていますがふと気になるんでしょう。気になる度に確認の連絡をしてこられます。

家主さんの中にはこういう引継ぎが好きで自分でする方もいらっしゃいますが、多くの家主さんはよく段取りが解りません。だからそう言うサポートもリーシング業者がしなくてはいけないわけです。

多分、契約が終わっているのでもうあまりフォローはしてくれないんだろうと思っているのかもしれませんが、私らの仕事はオープンまでが責任範囲だと思っています。
契約からオープンまで3.5ヶ月かかるので結構長丁場です。でも期間に関係なく仕事の範囲は決まっています。
家主さんがスムーズに新しいテナントへ店舗を引き継げるようサポートは怠りません。

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

改装工事現場説明

先日契約した建物の改装工事の現場説明会が来週開催されます。

建物は原状回復工事中なので工事の合間を縫って中を見ていただくことになります。

結構大掛かりな工事で見積もり合わせになるとのことで数社の工事会社が見に来ることになるでしょう。

私も以前店舗改装工事の見積のためよく現場を見に行きました。

しかし、ほとんど特命で仕事をもらってたので他社と一緒にと言うことはほとんどありませんでした。

単独でと言うことは競争がないと言うことなので、他社と価格で叩き合って取り合うことはありませんでしたが、こういう仕事の取り方が理想です。
と言うのは店舗ん改装工事の場合、設計事務所を入れてきちんと図面を作成して見積もりするなら数社で見積合わせが良いやり方ですが、設計事務所はほとんど入れず現場の施工部隊で図面を描いて工事をするなら内装業者を決めて一元的にやった方が早くかつ段取り良く進みます。

何社の見積もり合わせかも知りませんが、競争して仕事を取るというのはホンと厳しいでしょう。
取れるかどうか判らないけど、現場説明に参加しないと見積もできません。
内改装工事は坪いくらの世界ではないので現場によって価格も違ってきます。

普段なら工事見積もりにも参加することがありますが、今回は各社が現場を見て間違いない見積ができるよう、その段取りをするだけです。
これから工事会社のきびしい価格合戦が始まるのです。

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

滋賀県は格下げ

滋賀県と言えば、今は大津市の中学生自殺問題で世間を大きく騒がせています。
実際、滋賀のイメージがこの事件で大きく僕の頭の中で変わったのです。

元々、滋賀県は琵琶湖を湛え、平坦で豊富な水により農作物の生産が盛んであると同時に、日本の本土の中心にあるため東日本、西日本どちらへも陸上輸送の中心となる県として、企業誘致も盛んで自然環境や経済的にもメリットの高いエリアとして見てきました。
近江米、近江牛は食物として味も良く、近江商人と呼ばれる商売人としての強かさや、商売の上手さでも有名でした。
滋賀県は近畿では所得層の高い方で店舗の客単価も他県に比べ高い方だと、あるテナント開発の方から聞いたことがあります。それを聞いたせいか、滋賀は上品で裕福な人が多いと思うようになっていました。
但し、滋賀県で商売になるのは大津~草津または堅田までで、それ以北はローカルすぎて商圏として弱いと言われてきたのも事実です。京都まで近いので大きな買い物は京都へ出る人も多く、滋賀県内に魅力的な少々施設がないと言われています。

まっ、そういうイメージで僕も滋賀を見てきたわけですが、今回の大津市の中学校のイジメ自殺事件で、教育委員会のやり方や今までの学校の放置に仕方、警察の対応の仕方、そして何より学校の対応にかなり不満を感じるとともに、滋賀県へのイメージがかなりダウンしました。
大津といえば滋賀の県庁所在地であり、街並みも整備され風光明媚な市です。
テナントは出店するなら大津市へと言うほど滋賀県では1番人気の街であるのですが、学校、それも義務教育の中学校が正常に機能していないとなると、街全体のイメージが悪くなります。

他人事のように自分らの責任回避ばかりの発言をする教育長他教育委員会、ヘラヘラ笑いながら記者会見する校長、やるべきことができてないのに全力でやってるかのように責任逃れをする態度が見え見えです。
生徒はさぞかし先生とは何たる無責任なものであるかを思い知ったことでしょう。
肝心の担任を隠蔽し学校ぐるみで隠しまわってるその様子に保護者も呆れてることでしょう。
小学校高学年から中学生にかけては先生の一つ一つの言動に敏感な時期です。
この時期、いい加減な対応をして生徒から総スカンを食う先生が多いものです。1度嫌われると先生が生徒から信用されず、クラスがまとまらなくなります。それほどこの時期はよく先生の言動を見ているわけです。
そんな時期にこれではもう生徒はこの学校の先生や教育委員会を信用しないでしょう。

滋賀はやっぱりこの程度かと全国に思わせた教育行政の失態の責任は誰が取るつもりなんでしょうね。

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

盲信されるのは・・・

地方都市の物件を紹介いただくことがあるのですが、よく某大手建築企画会社に任せてるというオーナーさんが多いことに気づきます。
まあ、会社も有名ですし土地の有効利用で過去に店舗を連れてきて事業化してくれたので信用されてるからでしょうが、その分多くの資金がその会社の利益となって吸い取られていると言うことには気づいていないでしょう。
会社も大きいし、多少コストは掛かっても安心だと思って採用されているんでしょうが、普通1000円で買えるものを1200円や1300円で買っていると言うことになるんですけどね。

ある物件のリーシングを依頼されたことがありました。
居抜で関西ではない地方都市の物件です。
元々テナントを連れてきて建築したのがこの某社で本来ならここへリーシングを依頼するところなんでしょうが、今回のテナント入れ替えについては現テナントから僕は家主さんを紹介されリーシングすることになったのでした。

物件紹介をいただき土地建物の登記を調べて気になったのが、6000万円もの抵当が設定されていたことです。
土地が600坪で元々道路から下がった田んぼだったので、造成に2000万多く見積もって2500万円ほど掛かったとしても6000万円は金額が大きいなと不思議に思いました。他の事業のために担保にした経緯はなく、この土地の有効利用だけに設定した担保でした。
地主さんと話していく内に、テナントから建築の際協力金は預かったが自己資金も投入したとの話を聞き、資金の内訳を聞くとやはり抵当の差額に近い分が資金として充てられたようでした。
150坪の店舗に3500万円とはよほど協力金が少なかったのかなと思っていましたが、請負契約書を見て想像以上に建築費が高いことに気づいたのです。
今更、この建築費高いですとは言えないので黙って見過ごしましたが、こう言うやり方と言うのは普通のゼネコンではやりません。逆に、こうしてお金を引っ張ってくる営業があればこそ儲かる仕事ができるんだなと思ったわけです。
少なくともこの某社の場合、ゼネコンの利益率より10~20%は多くなる、すなわち同じ建物を建てて請負金が10~20%高くなるのです。(大手の土地有効利用建築企画会社は概ねこういうシステムです。)

結局3500万円を15年間で負担したら元金だけで月約20万円ですから、金利負担も考えれば30万を軽く超えます。
そしてなによりこの30万を超える負担は企画会社の儲けであり、15年間家主さんは借金をしてまで企画会社の儲けを払ってきたと言うことなのです。

居抜でこの某社を使うと、やれ店舗の改修工事にいくらだとか言って高い工事代金を請求してきますし、テナントに対しても内装工事をさせてもらわないとと強引に工事を取りに行くのでテナントが余計なコストを負担しなければならなくなります。
実際、テナントからこの某社を外して出店できるよう交渉して欲しいと何度も言われたことがありますからね。

家主さんはこの某社と付き合うのではなく、テナントとパートナーとして付き合うわけですから、変に盲信してしまうのは金銭的にももったいないことに気づいた方が良いと思うんですけどね。

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

きっついなー

いよいよ夏の日差しにスーツ姿が暑くて堪らなくなってきました。

昨日も、駅から物件現場まで朝イチから歩きで汗だくになり、昼からもまた大阪市内を歩きで汗だくになりヘトヘトになりました。
ビルや地下鉄は省エネのせいか冷房も控えめで涼しいと感じるまで時間がかかります。
扇子でパタパタ扇ぎながらハンドタオルで汗を拭き拭き、髪の毛は汗でベトベトになり余計に毛が薄く見えてしまいます。

普段は車を使わないので片道30分圏なら歩きで行くのですが、最近は行きはそれで良くても帰りも30分歩くんだと思うときついなーって思う気温になりました。
以前なら休憩に喫茶店でもと思ったのですが、最近どうも喫茶店のアイスコーヒーがウマいと思えずあまり立ち寄る気がしません。
何なんでしょうか、最近は以前と比べて行動パターンが違ってきた気がします。

今日から少し梅雨らしく天気が悪くなるそうですが、後10日ほどで梅雨も明けるでしょう。
そうするといよいよ更に営業にはきついシーズンに突入です。

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

さすべえ

自転車のハンドル部に傘を固定して取り付けるあの大阪のおばちゃん御用達の器具を「さすべえ」と言うらしいです。
昨日、関東からテナントの開発担当の女性の方が来られて、関東ではほとんど販売されてるのを見たことがないとおっしゃってました。
大阪のおばちゃんには必須の商品で、スーパーの自転車置き場に置いてある自転車のほとんどにさすべえをはじめ、傘立てが付けてあることに驚きだったらしいです。
関東ではカッコ悪いと言うことでほとんど付ける人がいないらしいですが、マジであれは便利な道具であると僕も感じます。
雨の日両手で自転車のハンドルを握れるのは非力な女性にはうってつけで、日中なら日よけ傘にも使えます。
見様によってはそんなにカッコ悪いこともありませんし、何より子供連れのお母さんには重宝されるはずです。
大阪ではおばちゃんだけでなく若いお母さんも結構付けてて、子供用のシートと傘立てはほぼセットです。
電動機付き自転車に傘立てを付けておけばほぼ無敵の乗り物になると思います。

テナントの女性の方も大阪に来たついでに傘立てをと持って帰られましたが、大阪に来た時についでに買うぐらい関東ではお店にほぼないようです。

雨の日も安全ですしこれを開発した人は表彰物だと思うのですが、カッコから入る関東人にはさすがにまだ受け入れられてないようです。

テレビのドラマか何かで傘立てを使用してるのを格好良く見せると一気に全国的に需要が広まると思います。
また、中学生や高校生、若いOLでも使えるかわいいデザインの傘立てを開発すれば間違いなく爆発的に売れるはずです。
食わず嫌いと同じで、一度使ってその便利さの味を覚えればきっとやめられないはずだと思いますよ。

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

よくある繁盛店のセミナー

よく店舗の作り方だとか集客の仕方だとか繁盛店の作り方だとかを勉強するセミナーが開催されてます。
ブログからもよくノウハウ物の読者申請が来たりしますが、基本的に僕はノウハウ物は自分で納得した物しか興味がないので全部スルーしています。

営業のやり方はこうすべきだと言うのは業種により違うし、どんな客層、どんな商品、販売なのかサービスなのかによっても違います。だから営業のマナーやどんな業種にも共通する項目以外はその独自な部分に切り込まなければ営業手法の効果的なセミナーはできないと思っています。新入社員や定期的な自己啓発ならそれでかまいませんけど。

もう一つよくあるのが飲食店のノウハウ物セミナーで、こうして集客アップせよとか、こういう店造をすれば良いとか講師はつらつらと説明します。僕自身は一度だけ勉強にと参加したことがありますが、良いこと言ってるなと思いつつそれって当たり前のことだし、具体的にどうせよと言う物はないんだなとセミナーの抽象的なやり方に辟易としたことがあります。

具体的にどうしたら売上が上がったりお客さんが増えたりするか解ったら誰も苦労しないと講師こそが思ってるんじゃないのって勘ぐってしまいます。
高いセミナー料を支払う以上何かを学び取り実践に生かさなくてはいけません。
セミナーに参加して話を聞いて頑張ろうと思っただけでは意味ありません。

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。