スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブリースの問題点

「弊社が責任をもって建物を一括してお借りしますので、家主さんは空室の不安なく安定的に収益を得られます。」

大体、サブリース会社はこういう宣伝文句を使います。

住宅の場合、1棟に多くの住戸があるので借り上げで家賃保証してもらうことはメリットは高いでしょう。

テナントビルの場合も、サブリース会社に一括で借りてもらうことでテナント入れ替えの空室リスクの心配はないことがメリットでしょう。


しかしよく考えてみると、サブリース会社にだって空室リスクはあるわけで、いくら専門業と言ってもかならず満室にはできないのが現実です。
保証家賃と実質家賃の差額でサブリース会社は利益を出すわけですから、空室が増えるとそんな利益は直ぐなくなってしまいます。

すなわち、空室リスクを回避する為には会社に利益がでるような借り上げ条件設定が必要と言うわけです。
どれぐらいの設定にするかは、物件の内容や立地、周辺相場によりますが、オーナーがサブリース会社に貸す条件は周辺より当然低い条件になります。サブリース案件だからと言って相場より高い家賃は取れません。

それと、サブリース契約はするものの入居者が思うように集まらないとか、テナントが見つからないと言う場合は結構簡単にオーナーとのサブリース契約を解約してきます。特に商業系のサブリース会社は。
テナントが見つからなくても借りてくれるはずではと思うオーナーも多いようですが、サブリース会社はテナントがあって初めてサブリースのメリットを享受できるわけですから、テナントが居ないのにサブリースはしてくれません。
テナントが決まってて、それをサブリースするだけなら何等リスクはありません。テナントが決まるまでサブリース会社はオーナーに家賃支払の猶予を求めてくることはざらですから、最初に書いたようなうたい文句は意味ないものなのです。

ただしメリットがないわけではありません。
入居者やテナントが一定率以上入っている限り、管理は全てサブリース会社がしますし、面倒くさい借主との交渉や入れ替え業務も任せられます。

スポンサーサイト

テーマ : 不動産
ジャンル : ビジネス

意識朦朧

記録的な6月の暑さでしたが、7月もこの状態が続き、ついに梅雨明けに突入と言うことになるのでしょうか。

幸い雨も多かったので、水の貯水は多そうで水不足に困るということは今年は回避できる感じです。

ここ最近はジリジリ照りつける暑さと言うより、むしむしした不快な暑さが多かったですよね。

こういう時は汗が大量に出て、体温の調整も難しくなりますから、カンカン照りより体調に異常を起こす人が多くなります。

先日、汗をかきかき歩いてたら意識が朦朧としてきました。

やば、熱中症かとすぐさま冷房の利いた建物に入りスポーツドリンクで水分補給をしました。

日差しをそんなに暑いと感じてなかったのですが、妙に蒸し暑くて汗が出てたのが原因だったかもしれません。

コンビニで梅干を買って営業続行をしましたが、年齢の老若を問わず少し体調が芳しくなければダウンの可能性もあるので注意しましょう。

今年は節電意識が強くて公共施設、特に電車や駅の温度が高く設定されているようです。

建物に入っても以前のようにヒヤっとすることがほとんどありません。

今夏もかなりの熱中症で亡くなったり、入院したりする方が多いと思いますが、お年寄りはとにかくまだまだ若いと思うのではなく、神経質すぎるぐらいの暑さ対策で夏を過ごしてください。

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。