スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高級路線?

ロイヤルホストが売上好調らしいです。
他のファミレスとは違って少し高級路線で差別化して行った結果らしいです。

でも、私が感じる限りではロイホのサービスは行きつけのファミレスの中では低ランクにしか位置しませんし、美味しい料理が出てきているとも思えません。

オーダーを取りに来るのは遅いし、料理は冷め気味だし、アンガス牛がどうのこうの言ってますがそんなの他のファミレスも同じ物使ってます。

客席のスペースも広いとは言えませんし、料理もボリュームも盛り付けも貧弱です。
で、なぜこのお店が好調なのか解らないのです。

ビッグボーイやガストの方がずっと易くて美味しいと思うし、何よりコストパフォーマンスが良いと思いますけどね。元々ロイホファンだった私がロイヤルホストで食べたいなと思わなくなったのは、サービスのレベルの低さ、オペレーションのレベルの低さで、何年経ってもこれが改善されないお店の怠慢さ、そして美味い物を食べさせてもらったと思うことがなくなったことが原因です。
先日も何ヶ月振りかに行きましたが相変わらずのレベルの低さは変わっていませんでした。

ガイアの夜明けでも取り上げられていましたが、メニューの改善の前にもっとサービス、オペレーションを改善すべきでしょう。私の周りにもロイホ嫌いは結構多いのです。既に敬遠されている飲食店であることに気付かないとダメです。
高級路線なら、メニューだけでなくサービスも価格なりに、そして店員ももっとレベルの高い給仕を目指さなくては名ばかりのロイヤルホストになるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

電気代値上げ

関西電力が電気代の値上げを申請しましたが、家庭用で12%、企業用で20%ほどのアップになるとのことです。
関電は今まで相当内部留保してきたと思うのですが、それはどうなったのかとか一般庶民には解らないところで値上げ申請していますよね。当然、各方面から批判はあるでしょうし、もし発送電分離をしたら競争になってもっと安く電力供給できるんではないかと思うのですが、今はとにかく関電の独占状態ですから競争原理が働かず関電の言いなりです。

電気代値上げで困るのがやっぱりテナントでしょう。1店当たりの電気代アップは大した額にはならないかもしれませんが、何店舗もまとめてとなるとかなり大きな金額になると思います。
電気代の値上げは全国の電力会社が申請することになるので、関西や関東だけの話ではありません。
1日数千円、数万円の経費を節約するために努力してきたのに、いっぺんにその努力分が吹っ飛ぶんではないでしょうか。

電力会社は自社が損しないような原価の計算の仕方ですから、一般の企業のように受注に苦しむとか価格競争に苦しむことがありません。大名商売と言われても仕方ないです。

それと、関電発注の工事に談合疑惑が出ております。
関電の関連会社が談合で仕事を受注していると言うものです。

実は、私も昔関電の工事の営業をしていて何度か入札に参加しましたが、全部談合でした。
民間工事なので談合が必ずしもいけないと言うことにはならないでしょうが、少なくとも関電グループの会社が絡むとか既に落札業者が決まっていて形ばかりの入札をしてたって感は否めません。
建築工事でこれですから、設備工事ではもっと関電関連の会社が入ってきたりしてもっと談合がひどいのではと思いますね。民間会社の発注で談合するとコストが上がります。そういう状況で、関電自身が身を削り消費者に電気代アップを言えるのかどうか甚だ疑問ですね。

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

中国人景気

そう言えば大阪の繁華街で中国人を見る回数が減った気がします。
尖閣問題で中国が旅行制限をかけているせいでしょう。中国人観光客がまとめ買いすることで潤ってきた商店は大きな打撃ですね。
それでも全くいないわけでなく、難波の日本橋の橋の上には観光バスが停車しており、ゾロゾロと外国人観光客が出てきます。

ではどこへ行ったのかと言えば韓国が多いらしいです。
結局は東南アジアかいと思うのですが、何というか昔の日本人の光景を見ているようで、団体でどっとブランドショップへ押し寄せてますね。

でも、観光客がほしいから中国とハイ仲良くと言うわけにはいかないでしょう。
本来、日本人気質と中韓気質は違いますから。

それと中国政府の渡航制限もありますが、中国であれだけ暴動を起こしたので日本に行けば暴動に逢うだろうと思ってるんでしょうね。
日本人は中間みたいな頭に血が上りやすい民族ではありませんのにね。

中国は何でも対抗措置、反抗措置を行いますが、こういう国が国連の常任理事国なんですから話になりません。

テーマ : 中国
ジャンル : ビジネス

真剣さが足りなさ過ぎ

先日、契約を終了した案件なのですが、僕も立会いして解約書面にも捺印し、最後の挨拶も終わって解約業務も終了したと思ってたのですが・・・・

昨日、家主さんにそのテナントの担当から電話があったと私の携帯に夜連絡が着ました。

家主さんは日頃からどんな要件でも私を通じて連絡もらうよう指示されていて、テナント担当にも伝えてあったのですが、こそっと電話してたのです。

家主さん曰く、

「最後の挨拶に行きたいと言ってきたけどこの間挨拶したし来てもらわくていいよ。」と返答したとのことですが、

テナント担当は、

「いや、ちょっと解約書面に印鑑が足りないので捺印もお願いしたいので・・・」と言ってきたようです。


結局、自分のミスで印鑑を忘れてるところがあって捺印のお願いをしてきただけの話だったのです。

私に先に言ってこなかったのはそんな凡ミスがあったことを言うと僕から、

「ちゃんと書類ぐらいチェクしておいてくださいよ。たかが紙切れ2枚に捺印するのにそのチェックもできないんですか? もうちょっと真剣に仕事したらどうですか?」

とでも言われると思ったから直接家主さんに電話したんでしょう。

きっと私もそんな連絡がきたら同じことを言ったと思います。

この担当の人はすることが何かしらボケてて頼りにならない人だという感じはしてましたが、最後にまたこれですから、やっぱりこういう人なんだとつくづく解りました。

新入社員がミスするならまだしももうベテランの域の人なんですからこう言う事務処理も慣れてるでしょうし、根本的に仕事ができない人と思われても仕方ないです。

家主さんは、「わざわざこのために東京から来てもらわなくても解約は終了したしもう良いですよ。」と遠慮してたようですが、担当は印鑑は必ずほしいとのことだったようで半ば強引に押しかけるようなものです。

私は最初、「じゃあ、私も立ち会った方が良いですか?」と家主さんに聞いたら

「おってもうた方は良いかな」と思ってはったようなので、行く気持ちでいたのですが、

はんこを2箇所押すだけのホンの5分のために片道2時間、往復交通費4000円掛けて行くのもどうかと思うし、何よりテナント担当も私に黙って電話するぐらい後ろめたさがあったのですから私がいない方が良いんだろうなと思って、結局行かないことにしました。もし、担当が日頃からちゃんと誠実に仕事しててのミスなら私も立ち会うでしょうが、こんないい加減な担当では文句の一つも言いたくなるので敢えて行かないでおこうと決めました。

家主さんには、

「本当なら立会するべきなんでしょうが、テナントもこそっとしたかったみたいですから今回は行くの止めときます。捨印2箇所押すだけなので特に問題はありませんから家主さんだけで対処しておいてください。」と伝えてお任せしました。

私はこの家主さんの件については全てのことに立会をしてきたので、今回立ち会わないのは初めてです。
それぐらいしょうもない無駄なミスだったと言うことです。

家主さんも、「はんこぐらいのことでわざわざ遠くまで行かんとあかんのだったらテナントから交通費もらわなあかんしな。」言ってました。


こういう間の抜けた人ってたまにいますよね。

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

1つの事故が店舗を潰す

焼肉酒家えびすが6月末で会社清算することになりました。

今回の食中毒で4名の命がなくなり、100名以上の被害が出た以上、もはや信頼はなくなり会社存続は誰が見ても無理ですから、負債が拡大しない内に清算し少しでも被害者の賠償に回した方が良いでしょう。
現時点でも負債の方が大きくなっているようですから、今後被害者への賠償も十分できないとは思いますが、何より亡くなってしまった方の親族は賠償よりも会社への憎しみや無念この上ありません。

飲食店舗は人が口に入れる商品を提供する業種ですから、安全が第一であります。
よくお店は宣伝で、「安くて美味しい」とは言うものの、やはり安い商品はリスクが付きまといます。かと言って高いから安全かと言えば、お店の衛生管理が十分なされていなければ危険です。実際、高級店でも食中毒を起こしていますし、その原因を聞いて驚くほどずさんな食材管理をしていたことにも気づきます。

高級店だから必ずしも良い食材、新鮮な食材を使っているとは限らないのです。使い回しや賞味期限切れの食材を使用していることがばれた、某高級和食料理店も結局なくなりました。

1つ言えるのは、安い商品を提供する飲食店の特徴はセントラルキッチンのシステムを取っていることです。
価格を下げるためには食材を安く仕入れるだけではできません。
工場でまとめて調理し、各店舗でそれに少し手を加えるだけで商品になるシステムを取ることで、各店舗にプロのシェフが必要でなくなります。また、調理に人出が掛からないので人件費も削減できます。マニュアル通りの温めと盛り付けで、全店同じ商品が出せる訳です。

焼肉屋はシェフは要りません。肉をスライスしたりカットしたり、それらを皿に盛りつけさえできれば後はお客さんが勝手に焼いて食べてくれます。焼肉屋を開業し易いのは専門的な調理技術を持った人を雇う必要がないから人件費が安くつく、と理由付けをする人も多いのです。

安かろう、悪かろうの精神は飲食には馴染みません。しかし、焼肉屋はやっぱり安い肉は品質も良いとは言えないのです。高い焼肉屋でも本当に良い肉を仕入れて提供しているかどうかは私らには解りません。
テレビでたまにやってますよね。100グラム500円の肉と2000円の肉を食べ比べてどちらが高いかを当てるやつ。半分ぐらいは間違ってますよね。すなわち2つに1つ。当てものみたいなもので、商品を口で見分けられないわけです。

私も生肝やユッケなどの生肉は結構好きなんですが、今回の事件以後あまり食べる気はしなくなりました。
それと気をつけなくてはいけないのは、豚のホルモン系は牛以上によく火を通すこと。鳥の生肉系もかなり菌が繁殖し易いらしく、とにかく気温が高い季節ほど肉はやっぱりよく火を通して食べなきゃいけません。
レア好きな私でも、今ではウェルダンにしています。

テーマ : 店舗開発
ジャンル : ビジネス

profile
管理者リボーンリアルエステートは店舗開発業務のサポートをしています。

reborn

Author:reborn
リボーンリアルエステート ホームページはこちら
http://www.rebornestate.com

Thank you for your visit
ビジネスブログ
ビジネス関連ブログ集
ビジネスブログランキング
店舗開発参考図書
ブログをお持ちなら
レビューブログでポイントゲット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンクサイト
弊社関連サイト及びリンクサイトです。
店舗開発/ビジネス参考図書
店舗開発やビジネスにお役立ちの書籍
***メール***
問合せ、ご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ブログ内検索
ブログ新規登録なら

FC2BLOG

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。